* 鎌ケ谷市汚水処理適正化構想 *

平成22年度 

1.汚水処理適正化構想見直しの趣旨
 鎌ヶ谷市では、住みよいまち、きれいな水を未来に残すため、平成14年度に総合的な汚水処理の構想として、「鎌ヶ谷市汚水適正処理構想」の策定を行い、下水道事業の推進をしてきました。
 こうした中、近年の社会・経済情勢を踏まえ、より効率的かつ適正な汚水処理施設整備の促進を図るため、今回見直しました。
 本構想では、鎌ヶ谷市の汚水処理施設整備率が100%に至る地点を最終目標としています。

2.鎌ケ谷市汚水適正化構想
 鎌ケ谷市全域を対象とした効率的かつ効果的な汚水処理施設の整備を行うために、下水道、合併処理浄化槽等の各種汚水処理施設の整備予定区域を設定するもので、平成14 年度に国及び千葉県が示す構想策定に関する基本的な考え方に基づき策定しました。
 また、本構想は、千葉県の示す方針に基づき千葉県全市町村が一斉に策定し、千葉県が策定する「千葉県全県域汚水適正処理構想」に反映されるものです。
 今回の鎌ヶ谷市汚水適正処理構想の見直しは、本格的な高齢化や将来人口・地域社会構造の変化など汚水処理施設の整備を取り巻く諸情勢が大きく変化してきていること、また、依然として厳しい状況にある社会経済情勢を踏まえ、国の考え方に基づき千葉県が「千葉県全県域汚水適正処理構想」の見直しを行うために千葉県全市町村に構想見直しを要請したことを受け着手したもので、これら近年の諸情勢を反映することを目的としたものです。

汚水処理の概念図


3.策定した鎌ケ谷市汚水適正処理構想
整備手法 供用開始
面積(ha)
処理人口
(千人)
割合
(%)
処理 集合処理 下水道 流域関連公共下水道 2,111 108,000 100
単独公共下水道 0 0 0
小計 0 0 0
農業集落排水 0 0 0
コミニュティ・プラント 0 0 0
2,111 108,000 0
個別処理 合併浄化槽 0 0 0
2,111 108,000 100
未処理 0 0 0
合計 2,111 108,000 100

鎌ケ谷市汚水適正処理構想図
鎌ケ谷市汚水適正処理構想図・クリックすると大きな図をご覧いただけますクリックすると大きな図をご覧いただけます。