サイト内検索結果へジャンプ
鎌ケ谷市公式ホームページTOPページへ
市の概要 市の施策 くらしのガイド 各課ページ 施設案内 更新情報
English中文(簡体)中文(繁体)KoreanTagalogThai
サイト内検索
トップページくらしのガイド防災と消防>火事 
火事

初期消火活動の3原則 / 落ち着いて確実に119番しましょう /勇気と行動で初期消火しましょう /
炎より怖い煙・早く逃げましょう / 消火器は使えますか? / 被災証明の交付は /



 初期活動の3原則    消防本部

  • 早く知らせる
  • 早く消す
  • 早く逃げる
 この3原則は、そのときの状況しだいで順序は臨機応変に、これらの一連の行動が大切です。


 落ちついて、確実に119番しましょう   消防本部

  • 火事です。
  • 住所は○○△丁目×番○号です。
  • 目標は○○小学校○側です。
  • ○○○が燃えています。
 最後に自分の住所、氏名、電話番号を告げてください。


 勇気と行動で初期消火しましょう   消防本部

 119番をしたからといって、アッという間に消防車が来るものではありません。この間ただ待つだけでなく、あなたの勇気と行動が被害を小さくします。


 炎より怖い煙・早く逃げましょう   消防本部

 火事の恐ろしさは、炎より煙です。この煙はたちまち室内に充満し、その有毒なガスを吸い込むと呼吸困難になりますので、一度外に出たら絶対に中へ戻らないようにしましょう。


 消火器は使えますか?   消防本部

 一般家庭には消火器を設置する義務はありませんが、用心のため1本は備えておきたいものです。
 また、備えてあるからといって安心はできません。「いざ」というときに自信をもって使えますか。消火訓練は、消防本部へお問い合わせください。(消防本部や消防団では、消火器の訪問販売や点検は行っていません。不審な場合は、すぐに消防本部または警察に通報してください)。


 被災証明の交付は   消防本部

 不幸にして火事にあったとき、税の減免あるいは火災保険の申請に、被災証明書が必要です。証明書は消肪本部予防課(右京塚10-12)で交付いたします。TEL 444-3273へ。

※火災の問い合わせは、1度に集中するため、つながりにくくなることがあります。時間をおいてご利用ください。TEL 445-5251
▲ページの先頭へ


トップページくらしのガイド防災と消防>火事