このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

鎌ケ谷市を応援・支援したい方へ(鎌ケ谷市への寄附金)

更新日:2020年12月4日

 市では、皆さまからお寄せいただいた寄附を、市政のさまざまな分野に活用させていただき、市民生活の向上のため役立てております。
 寄附はいつでもお受けしておりますので、下記にある各寄附金の問い合わせ先にお気軽にご相談ください。

 ふるさと納税とは、「税」となっておりますが、自治体への「寄附」のことです。
 鎌ケ谷市への寄附金については、種類・目的によらず、すべてふるさと納税の対象となります。
ふるさと納税は、自治体に対する寄附金のうち、2,000円を超える部分について、一定の上限額まで、原則として所得税・住民税から全額控除される制度です。控除を受けるためには、確定申告を行う必要があります。現在住んでいる自治体への寄附であってもふるさと納税の制度は適用されます。
 また、寄附額に応じてお礼の品を選択していただくことができます。
 なお、お礼の品の贈呈は、市外にお住いの方のみとさせていただきます。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。
【関連リンク】
寄附による税制上の優遇措置(寄附金控除)

ふるさと納税を語った詐欺にご注意

 市では、「ふるさと納税」を語り、電話などで振込先をお伝えし、送金をお願いすることはありません。

鎌ケ谷市はふるさと納税の対象となる地方団体の指定を受けています

 市は、令和2年9月24日付で総務大臣から「ふるさと納税」の指定基準に適合する地方団体として指定を受けました。市へのふるさと納税は、所得税と住民税の控除対象となりますので、引き続き応援をお願いいたします。
 指定期間:令和2年10月1日から令和3年9月30日まで

ページの先頭へ


 市では、さまざまな寄附金を以下のとおり設けております。

一般寄附金

 市では、一般寄附金で6種類の使い道を設けており、寄附者の皆様が選択されるそれぞれの使い道で活用させていただきます。

地震・災害に強い街づくり

主な事業内容
 防災拠点施設の機能強化、防災対策事業の充実、治水対策の強化

子育て世代にやさしい街づくり

主な事業内容
 待機児童対策、子育て世代の経済的な負担軽減・子育て環境の整備、教育環境の整備

高齢者が安心して暮らせる街づくり

主な事業内容
 在宅福祉への対応、高齢者の生きがい対策

文化・スポーツの振興と緑あふれる街づくり

主な事業内容
 文化振興、スポーツ振興、緑化推進

にぎわいの創出と未来を見据えた街づくり

主な事業内容
 農業振興・商工振興・環境政策、市の積極的なPR、都市基盤整備

鎌ケ谷市に一任

主な事業内容
 行財政改革の推進、健全な財政運営の推進、その他(さまざまな街づくりで活用)

【問い合わせ】企画財政課(市役所3階)

電話:047-445-1079

一般寄附金以外の各種寄附金

 一般寄附金以外にも、以下の寄附金を設けており、ご指定をいただいたそれぞれの基金に積み立てて活用しております。

福祉のために「保健福祉基金寄附金」

 お寄せいただいた寄附金を、子どもや高齢者、障がい者の方々のための支援等、保健福祉のために役立てます。

【問い合わせ】社会福祉課(総合福祉保健センター4階)

電話:047-445-1286

緑豊かなまちづくりのために「みどりの基金寄附金」

 お寄せいただいた寄附金を、公園緑地の緑化活動に役立てます。市役所1階の市民ホール等には「みどりの基金募金箱」も設置しております(寄附金控除の領収書が必要な方は募金箱への募金ではなく、公園緑地課へお問い合わせください)。

【問い合わせ】公園緑地課(市役所4階)

電話:047-445-1487

公共施設の維持補修のために「公共施設整備基金寄附金」

 お寄せいただいた寄附金を、建設から年代が経過して老朽化した市内公共施設の維持修繕に役立てます。

【問い合わせ】企画財政課(市役所3階)

電話:047-445-1079

ページの先頭へ


 寄附者へのお礼として、特産品を送る場合がありますが、これは一時所得に該当します。これは、ふるさと納税(寄附)が収入(特産品)を得るための支出として扱われず、寄附金控除の対象とされていることに伴うものであり、一時所得は、年間50万円を超える場合に、超えた額について課税対象となります。
 一時所得について詳しくは国税庁のホームページをご覧ください。

ページの先頭へ


 公共施設で受け入れ可能な寄附物品につきましては、各公共施設窓口にてご寄附をお受けしており、市民サービスの向上に役立てます。

ページの先頭へ


 次のいずれかの方法となります。

1 ふるさと納税総合サイト『ふるさとチョイス』からの申込み(一般寄附金のみ)

『ふるさとチョイス』からの寄附の場合
 下記リンク先(バナー)をクリックしていただき、『ふるさとチョイス』ホームページにある申込フォームに住所・氏名等を入力してください。
 ふるさとチョイスからの寄附の場合、寄附の方法を『クレジットカード払い』と『納付書払い』から選択いただけます。
 【備考】ふるさと納税の詐欺サイトにご注意ください。本市へのふるさと納税は、下記サイトからお願いします。

鎌ケ谷市ふるさとチョイス専用ページへ(外部サイト)外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。


クレジットカード払いを希望する場合

(1)申込フォームの入力の際『クレジットカード払い』を選択してください。

(2)申込フォームの送信後、引き続き「Yahoo!公金支払い画面」へ移動しますので、そちらでクレジットカード決済をしてください。この手続きで、寄附の申込みから納付までの手続きがインターネット上ですべて完了いたします。

(3)寄附をいただいた方へは、納付の確認後、『受領証明書』を送付いたします。

納付書払いを希望する場合

(1)申込フォームの入力の際、『納付書払い』を選択してください。

(2)申込フォーム送信後、後日、鎌ケ谷市役所から申込みいただいた住所へ納付書を送付いたしますので、下記の金融機関(注記)窓口で納付してください。

(3)寄附をいただいた方へは、納付の確認後、『受領証明書』を送付いたします。

2 『ふるさとチョイス』を利用しない場合

(1)ご希望の寄附目的をお考えいただき、前述の「1.寄附の種類・目的」に記載してある各寄附金の問い合わせ先にご連絡ください。

(2)『寄附申出書』をお渡しいたしますので、必要事項をご記入ください。
 なお、遠方の方は、『寄附申出書』と納付書を郵送いたします

(3)寄附金に『寄附申出書』を添えて、前述の「1.寄附の種類・目的」に記載してある各寄附金の問い合わせ先の窓口にお持ちください。
 なお、遠方の方は、鎌ケ谷市役所から郵送で届いた納付書を使って、下記の金融機関(注記)窓口で納付していただき、『寄附申出書』を返送してください。

(4)寄附をいただいた方へは、納付の確認後、『受領証明書』を送付いたします。

【注記】鎌ケ谷市役所専用の納付書が使用できる金融機関は以下のとおりです(手数料は無料)。
 千葉銀行・みずほ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行・東京東信用金庫・東京ベイ信用金庫・三菱UFJ信託銀行・三井住友信託銀行・京葉銀行・千葉興業銀行・朝日信用金庫・中央労働金庫・とうかつ中央農業協同組合

ページの先頭へ


 確定申告が不要な給与所得者等がふるさと納税による寄附を行う場合、ふるさと納税をした自治体へ『寄附金税額控除に係る申告特例申請書』を提出することで、確定申告が不要となります(ワンストップ特例制度)。
 ワンストップ特例の対象となる方は以下のとおりです。

  1. 確定申告等が必要のない給与所得者などの方
  2. 1月から12月までに寄附をした自治体が5団体以内の方

 詳細は下記のリンクをご確認ください。

【関連リンク】
ふるさと納税ワンストップ特例制度を利用する方へ

ページの先頭へ


ページの先頭へ


鎌ケ谷市ふるさと納税の使途状況の公表

ページの先頭へ


収納事務受託者

 本市では、地方自治法施行令第158条第1項の規定により、ふるさと納税(寄附金)の収納事務を委託しているためお知らせします。
 【受託者】株式会社トラストバンク(東京都目黒区青葉台三丁目6番28号)

ページの先頭へ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ

総務企画部 企画財政課 財政室

〒273-0195 千葉県鎌ケ谷市新鎌ケ谷二丁目6番1号 市庁舎3階

電話:047-445-1079

ファクス:047-445-1400

お問い合わせメールフォーム

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。
〒273-0195 千葉県鎌ケ谷市新鎌ケ谷二丁目6番1号
代表電話:047-445-1141
ファクス:047-445-1400
開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時まで
法人番号8000020122246
© 2018 Kamagaya City.
フッターここまでページの先頭へ