このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

熱中症

更新日:2018年8月9日

熱中症に注意しましょう!

 連日の記録的な猛暑に伴って熱中症発症の危険性が高まっています。こまめな水分・塩分の補給、扇風機やエアコンの利用等の利用を心がけ、熱中症を予防しましょう!

熱中症とは?

 「熱中症」とは、高い温度・湿度の環境の中に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温の調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態のことをいいます。
 熱中症は気温などの環境条件だけではなく、私たちの体調や暑さに対する慣れなどが影響して起こります。気温がそれほど高くない日でも、湿度が高い・風が弱い日や、体が暑さに慣れていない時には注意が必要です。

熱中症の症状

  • めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い
  • 頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感
  • 重症になると、意識消失、けいれん、高い体温、呼びかけに対する返事がおかしい

 屋外だけでなく、室内で何もしていないときでも発症し、救急搬送されたり、場合によっては死亡することもあります。

熱中症は予防が大切!

こんな人は特に注意!

  • 高齢者(高齢者は温度に対する感覚が弱くなるために、室内でも熱中症になることがあります。)
  • 幼児(体温の調節機能が十分発達していないため、特に注意が必要です。)
  • 肥満の人
  • 持病のある人
  • 体調の悪い人
  • 暑さに慣れていない人

こまめな水分補給

 暑いときは気づかないうちに汗をかいて水分を失ってしまいます。室内でも、屋外でも、のどの渇きを感じなくても、こまめに水分を補給しましょう!汗を大量にかいたときは、水分とともに塩分も補給するとよいでしょう。

暑さを避ける

室内
  • 扇風機やエアコンで温度を調節(エアコンの風が苦手な方は、直接体に当たらないように風向きを調整したり、扇風機も併用するなど工夫をすると体が冷えすぎず、快適に使うことができます。)
  • 遮光カーテン、すだれ、緑のカーテン、打ち水を利用
  • 部屋の温度や湿度が上がりすぎていないか確認する。
屋外
  • 日傘や帽子の着用
  • 日陰の利用、こまめな休憩
  • 天気のよい日は、日中の外出をできるだけ控える
からだの蓄熱を避けるために
  • 通気性のよい、吸湿性・速乾性のある衣服を着用する
  • 保冷剤、氷、冷たいタオルなどで、からだを冷やす

熱中症になったときには

  • 涼しい場所へ

 エアコンが効いている室内や風通しのよい日陰など、涼しい場所へ避難させる

  • 身体を冷やす

 衣服をゆるめ、体を冷やす。(特に首の回り、脇の下、足の付け根などを冷やすと効果的!)

  • 水分補給

 水分・塩分、経口補水液などを補給する(経口補水液とは水に食塩とブドウ糖を溶かしたもので、薬局等で購入できます。)

  • 重症化して、意識障害が起こっているような場合は早急に救急車を呼びましょう

 意識がない、自分で水が飲めない、呼びかけに対し返事がおかしい、けいれんしているなどの症状が出ているときには、救急車を呼びましょう。救急隊員や医師に、熱中症のおそれがあることを伝え、早急に医療機関に運んでもらいます。

暑さ指数の活用について

 暑さ指数(WBGT(湿球黒球温度):Wet Bulb Globe Temperature)は、人体と外気との熱のやりとり(熱収支)に着目した指標で、人体の熱収支に与える影響の大きい(1)湿度、(2)日射・輻射(ふくしゃ)など周辺の熱環境、(3)気温の3つを取り入れた指標です。暑さ指数(WBGT)が28度(厳重警戒)を超えると熱中症患者が著しく増加するということがわかっています。

運動かまたん


 ※千葉県内14地点で観測されています。近隣市(船橋)の数値を参考にしてください。

関連情報

熱中症についてもっと詳しく知りたい!

問い合わせ

健康福祉部 健康増進課 成人保健係

〒273-0195 千葉県鎌ケ谷市新鎌ケ谷二丁目6番1号 総合福祉保健センター1階

電話:047-445-1405

ファクス:047-445-8261

お問い合わせメールフォーム

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。
〒273-0195 千葉県鎌ケ谷市新鎌ケ谷二丁目6番1号
代表電話:047-445-1141
ファクス:047-445-1400
開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時まで
法人番号8000020122246
© 2018 Kamagaya City.
フッターここまでページの先頭へ