このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

10代および20代の男性と保護者の方へのお知らせ

更新日:2023年7月28日

10代および20代の男性と保護者の方へのお知らせ

 頻度としてはごく稀ですが、新型コロナワクチンの1回目・2回目接種後に心筋炎や心膜炎を発症した事例が報告されています。
 特に10代、20代の男性の接種後4日程度の間に多い傾向があります。ワクチン接種後4日程度の間に胸の痛み、動悸(どうき)、息切れ、むくみなどの症状が見られた場合は、速やかに医療機関を受診して、ワクチンを受けたことを伝えてください。

 現在、3回目接種後は2回目接種後より、心筋炎・心膜炎を発症した頻度が低い傾向があることが確認されています。ワクチンの効果は、時間とともに低下していきます。
 3回目を接種することにより、新型コロナウイルスに対する感染予防効果、発症予防効果、入院予防効果が回復します。

出典元 厚生労働省「ワクチンを接種すると心筋炎や心膜炎になる人がいるというのは本当ですか」(外部サイト)新規ウインドウで開きます。

詳しくは下記画像を拡大してご覧ください。

問い合わせ

鎌ケ谷市新型コロナワクチンコールセンター

〒273-0195 千葉県鎌ケ谷市新鎌ケ谷二丁目6番1号 総合福祉保健センター1階

電話:0120-271-383

お問い合わせメールフォーム

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。
〒273-0195 千葉県鎌ケ谷市新鎌ケ谷二丁目6番1号
代表電話:047-445-1141
ファクス:047-445-1400
開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時まで
法人番号8000020122246
© 2018 Kamagaya City.
フッターここまでページの先頭へ