北千葉建設促進期成同盟

【北千葉道路建設促進期成同盟】 平成21年度以降の活動内容

平成24年度 3.要望活動

平成25年1月22日(火)

要 望 先
国土交通省 大臣、副大臣、政務官、事務次官 以下22名
財務省 大臣、副大臣、政務官、事務次官 以下7名
国会議員 地元選出衆議院・参議院議員 15名
千葉県 知事 以下13名
 要 望 書
平成25年1月22日(火)
北千葉道路建設促進期成同盟
会長  鎌ケ谷市長 清水 聖士
【要 旨】
北千葉道路の早期整備について
【内 容】
 北千葉道路は、首都圏と成田地域を結ぶ重要な幹線道路であり、都心と成田国際空港間の交通機能を高めるのみならず、印旛・成田地域と東葛飾地域との交流促進及び成田地域と千葉ニュータウンを連携する成田・千葉ニュータウン業務核都市の骨格的交通軸として、地域の活性化を図る上からも必要不可欠な道路であります。
 また、首都圏における国際交流、物流機能の強化に資する道路であり、成田国際空港への所要時間を大幅に短縮する新たなアクセスルートとして、大きな役割を果たすことから「都市再生プロジェクト」に位置付けられております。
 成田国際空港は、より増え続ける国際航空需要とも相まって、年間発着枠が22万回から30万回へと拡大することが、関係団体との正式合意に至っていることからも、道路網の整備による空港アクセスの充実は、喫緊の課題となっております。
 平成23年3月11日に発生した東日本大震災では、道路や鉄道、港湾等の多くの施設が被災し、特に沿岸部における津波被害は甚大でしたが、こうした中で、高規格道路が交通機能のみならず、防災機能としても、大きな役割を果たすことが確認されました。
 東京湾沿岸部においても、液状化被害が広範囲に発生しましたが、内陸部に位置する北千葉道路は、今後予測される首都直下地震など、大規模災害発生時における避難や物資輸送などの救援活動を支える、交通基盤施設としての役割が大いに期待されるところであり、首都圏と成田空港を最短で結ぶ幹線道路として、北千葉道路の早期整備の必要性は、一段と高まっているものと確信しております。
 北千葉道路の東側に位置する印西市から成田市までの区間は、すでに事業化されており、今後、さらなる整備促進が図られるものと期待しております。一方で、西側に位置する市川市から鎌ケ谷市までの区間は、いまだ事業化の見通しが立っておりません。
 こうした中、平成27年度の全線開通を目指して整備が進められている東京外かく環状道路(千葉県区間)は、市川市の堀之内地先において北千葉道路と連接される予定となっております。
 従いまして、首都圏北部と成田国際空港間のアクセス時間を大幅に短縮する新たなアクセスルートとなる北千葉道路の整備効果を一層高めるためにも、市川市から鎌ケ谷市までの区間における早期計画の具体化が不可欠であります。
 つきましては、次の事項の実現について、特段の御高配を賜りますよう、ここに要望いたします。
1. 北千葉道路については、都市再生プロジェクトに位置付けられていることから、全区間の早期整備を図ること。
1. 一般国道464号北千葉道路の印西市から成田市までの事業中区間については、区間全体の整備を一体的に推進すること。
1. 一般国道464号北千葉道路の整備効果を高めるために、東京外かく環状道路と千葉ニュータウンを結ぶ、市川市から鎌ケ谷市に至る区間の、早期計画の具体化及び事業化を図ること。
1. 円滑な道路整備を進めるため、所要の道路整備財源を確保するとともに、地方の道路整備財源の充実強化を図ること。
1. 平成25年度予算編成においても、道路整備に重点配分を行うこと。
北千葉道路建設促進期成同盟
会長 鎌ケ谷市長 清水 聖士
副会長 市川市長 大久保 博
副会長 印西市長 板倉 正直
委員 船橋市長 藤代 孝七
委員 松戸市長 本郷谷健次
委員 成田市長 小泉 一成
委員 白井市長 伊澤 史夫
委員 市川市議会議長 加藤 武央
委員 船橋市議会議長 佐藤新三郎
委員 松戸市議会議長 中川 英孝
委員 印西市議会議長 金丸 和史
委員 鎌ケ谷市議会議長 土屋 裕彦
監事 成田市議会議長 宇都宮高明
監事 白井市議会議長 谷嶋   稔
賛助会員 千葉県企業庁地域整備部長 中村 公一

今回の要望活動は、北千葉道路建設促進期成同盟と市川市、松戸市、東京外かく環状道路(千葉県区間)整備促進市川・松戸市民会議との合同で実施!!

 成田市から市川市までの約43キロメートルを結ぶ北千葉道路は、人的交流や物流機能の向上のみならず、近い将来における発生が懸念されている首都直下地震等の災害発生時には、迅速な救援活動や救援物資の輸送路として大きな役割を担う地域高規格道路です。

 一方、平成27年度までの全線開通をめざして整備が進んでいる東京外かく環状道路(千葉県区間)は、北千葉道路の未整備区間である鎌ケ谷市~市川市間約9.5㎞が完成すると、市川市堀之内で(仮称)北千葉ジャンクションに連結される計画となっています。

 従いまして、両幹線道路が完成することで、首都圏と成田国際空港を最短で結ぶ広域道路ネットワークの構築が実現します。

 こうしたことから、両道路の早期整備の重要性を訴えるとともに、ミッシングリンク(未整備部分)の解消を求めるため、合同による要望活動を実施したものです。

写真要望活動 会談の様子

国土交通省 国土交通副大臣室にて 梶山弘志国土交通副大臣との面談

 梶山弘志副大臣との面談

梶山国土交通省副大臣との面談

左から
板倉正直印西市長、
薗浦健太郎衆議院議員、
片岡直公市民会議会長、
梶山弘志国土交通副大臣、
大久保博市川市長、
本郷谷健次松戸市長、
清水聖士鎌ケ谷市長、
渡辺博道衆議院議員、
白須賀貴樹衆議院議員

財務省 財務副大臣室にて 山口俊一財務副大臣との面談

山口俊一財務副大臣との面談

 北千葉道路の未整備区間の早期事業化への予算確保を要望

山口俊一財務副大臣との面談








左から
 薗浦健太郎衆議院議員、金丸和史印西市議会議長、板倉正直印西市長、清水聖士鎌ケ谷市長、山口俊一財務副大臣、大久保博市川市長、本郷谷健次松戸市長、片岡直公市民会議会長、谷嶋稔白井市議会議長、白須賀貴樹衆議院議員

写真衆・参国会議員会館にて 地元選出議員への要望活動

椎木保 衆議院議員

椎木保衆議院議員への要望活動

左から 谷嶋稔白井市議会議長、金丸和史印西市議会議長、大久保博市川市長、本郷谷健次松戸市長、清水聖士鎌ケ谷市長、椎木保衆議院議員、板倉正直印西市長

猪口邦子 参議院議員

猪口邦子参議院議員への要望活動

左から 谷嶋稔白井市議会議長、片岡直公市民会議会長、本郷谷健次松戸市長、清水聖士鎌ケ谷市長、猪口邦子参議院議員、大久保博市川市長、板倉正直印西市長

石井準一 参議院議員

石井準一参議院議員への要望活動

左から 清水聖士鎌ケ谷市長、石井準一参議院議員、大久保博市川市長、本郷谷健次松戸市長、板倉正直印西市長、片岡直公市民会議会長、金丸和史印西市議会議長、谷嶋稔白井市議会議長

写真国土交通省にて 前川秀和道路局長への要望活動

前川秀和道路局長への要望活動

左から 本郷谷健次松戸市長、清水聖士鎌ケ谷市長、前川秀和道路局長、渡辺博道衆議院議員、薗浦健太郎衆議院議員、白須賀貴樹衆議院議員、斎藤甚一千葉県道路計画課長

写真千葉県への要望活動

千葉県への要望活動

千葉県県土整備部 斎藤甚一道路計画課長に要望