歩いて楽しいみちづくり鎌ケ谷第50回ワークショップ

平成24年3月17日(土)、道野辺中央コミュニティーセンターにて、地域のみなさん11名が参加して第50回ワークショップが開催されました

主な内容

1.自主活動における報告

 「かまがやにっこにこ」編集班と植花活動チームの活動の23年度活動報告・24年度の活動についての発表を行いました。

ワークショップの様子「かまがや にっこにこ」編集班発表【「かまがや にっこにこ」編集班】

 今年度、「かまがや にっこにこ」編集班では、「かまがや にっこにこ」を3号発行しました。

 「かまがや にっこにこ」編集班では、編集会議を定期的に行って、その都度、編集班打合せ録を作成しています。会議の内容は、主に前回の打合せ録の確認、本日の作業です。 
 今回は、3/6(火)に行った編集会議の打合せ録を見ながらの発表となりました。 この日は、2012年春号の仕分け作業を行いました。

ワークショップの様子植花活動チームの発表【植花活動】

 植花活動報告を手元にしながらの発表となりました。

2.来年度以降の活動について

ワークショップの様子市より、来年度以降の活動についての説明がありました。


 平成15年度の冬からワークショップが始まり、今回で50回になりました。まちづくりとしての活動が重なってきた中で、今年7月には鎌ヶ谷駅前ふるさとづくり推進協議会が発足し、まちに、まちづくりの大きな組織ができようとしています。ATM鎌ケ谷にとっても、西口・東口に関係なく、全体的に大きく一緒に活動していけることがよいと考えています。
 そして、今後は、鎌ヶ谷駅前ふるさとづくり推進協議会と連携をとりながら、活動を行っていきたいと考えています。
 ATM鎌ケ谷は長い間、みちづくりを見てきました。ATM鎌ケ谷として、まだ、周知していない市民のみなさんに、これからも情報を発信して、「理解ある市民」というサポーターを増やしていけたらよいと考えます。

3.その他

市より、来年度以降の電線地中化と道路の整備、30号線の交通規制についての説明がありました。