歩いて楽しいみちづくり鎌ケ谷第47回ワークショップ

平成22年11月13日(土)、道野辺中央コミュニティーセンターにて、地域のみなさん8名が参加して第47回ワークショップが開催されました

主な内容

1.視察報告

ワークショップの様子 10月27日(水)に行われた千葉県市原市「市原米沢の森を考える会」の先進地視察を全員で振り返りました。視察の概要と、当日どういう景色を観てきたか、参加した方からのポイントになったところ、参加できなかった方からの質問等を全体会議で考えました。

 当日は、現地の市原米沢の森のほかに、幕張PAでの植栽の整備にも、ATMの植花活動のヒントとなるものがありました。

幕張PAでの植栽幕張PAでの植栽幕張PAでの植栽

2.今後のトライ&エラー活動について

みち並み保存の5大方針 今回のワークショップで、植花活動チームのリーダーが決まりました。植花活動チームで、今後、具体的な活動計画を練って、実際に活動してみて、ワークショップで報告を行っていくというスタイルをとっていくことになりました。

 市原米沢の森での視察をうけて、参加の方法は様々で、やれる人がやれる時に何かをやっていこうという意見が出されました。

 ATMの通信編集班については、今後、市民活動として行っていくことを視野にいれて、今のスタイルからどのようなスタイルにしていくかを、2月の次回ワークショップまでに、ATM通信編集班で練っていくことになりました。

 また、今回のワークショップで、ブログやホームページで活動の様子を載せていきたいとの意見が出されました。

ワークショップの様子ワークショップの様子 市では、2月のワークショップで2つの活動の方向性が出たら、今後も協力していきます。

次回ワークショップのお知らせ