歩いて楽しいみちづくり鎌ケ谷第45回ワークショップ

平成22年8月7日(土)、道野辺中央コミュニティーセンターにて、地域のみなさん9名が参加して第45回ワークショップが開催されました 

主な内容

1.トライ&エラー活動の報告

前回のワークショップ以降に2つの活動を行っています。

賑わいあるみち 理解ある市民 夏祭りでのPR活動

夏祭りでのPR活動「鎌ケ谷西口駅前いまむかし」の様子

 7月24日(土)・25日(日)の夏祭りの時に、ATM鎌ケ谷のPR活動としてパネル展示等を行いました。

 パネルには、ペアロードに設置してある看板の拡大版、今後行っていく活動のPRと参加者募集、いまむかし写真を展示しました。

 当日は、「昨年もこのコーナーを見たよ!」と声をかけていただいて、楽しんでいる姿も見受けられ、若い方から中高年まで幅広い年代の方々に興味を持っていただきました。

 また、ATM鎌ケ谷のメンバーも2年目ということで、昨年に比べ、立ち寄っていただいた方々への説明がレベルアップしていたようです。

 反省点も幾つか出ましたが、来年にも繋げていこうということになりました。

理解ある市民 ATM通信の発行

 ATM通信No.42(PDF)を発行しました。

 前回のワークショップの報告として、今後行っていく活動「違法駐輪対策」「ゴミのないみち」「植花活動」について掲載しています。

2.トライ&エラー活動の実践

 今回のワークショップでは、花のみち・なかよし通りの植花活動(美しいみち)について、実施計画素案を作るワーキングを行いました。

ワーキングで出た案
1班のワーキングの様子 2班のワーキングの様子 3班のワーキングの様子 4班のワーキングの様子
場所 花のみち 3ヶ所
なかよし通り 4ヶ所
なかよし通りのシンボルスポット ポケットパーク
シンボルスポット
花のみちでの具体例として、

①ネットフェンス:ハンギングフラワー

②立派な植栽をしている家:維持管理のお願い

③駐車場側余裕地:プランター

④出口ゴミ置き場:ゴミ置き場を隠すような高い木と足元には花を植える

⑤スーパーランドリー側の隅切:プランター

花
何をどのように植えるか 40cm程度のプランター
ハンギングポット
ネットを張って、朝顔・ゴーヤ等のつるもの
足元は朝顔・ゴーヤ
芝生の中にフラワーポットを入れる
竜のひげ・パンジー・
葉ぼたん・ポピー
時期 時期に応じて 道路工事終了後、来春頃~ 通年:竜のひげ
3~5月:チューリップ
5~11月:マリーゴールド
12~3月:休み
専門家の起用 地域の花好きな人や
花屋さんなど
ボランティアで募集
必要なし できるだけ自分たちで
PR プランターに名盤を取付る
管理グループの名前、問い合わせ先、「一緒に活動しませんか」を記載
「こういうことをしています」という看板の設置 「こういうことをしています」という看板の設置
日々の管理体制 管理者を決める
ATMメンバーやチラシなどで募集
沿道の方々へ口頭でお願い
仕事:水遣り、植え替え、管理記録
健康な人を募集する
リーダーが必要である
総まとめをするリーダーが必要
水遣り・草取り:地域の人の協力を募集
管理記録:WSで検討
水遣り方法:2Lペットボトル
検証方法 インタビュー
ヒアリング
目安箱のようなものを設置して、通行人からの意見を入れてもらう
意見を聞いて周る
近隣の人へのアンケート
費用 花+プランター
=約22,000円
約20,000
~30,000円
山砂・石灰・肥料等で
約10,000円
竜のひげ70本
資金の調達 募金活動
自治会経由
活動者の出資
近所や管轄外からの寄付
のちには、共感した通行人より寄付があるとよい
寄付を募る
その他 水の補給方法は?

 このワーキングで出された案をもとに、実行班が詳細を練っていくことになります。

 班ごとの発表を終えて、以下のような意見が出されました。

ワークショップの様子ワークショップの様子

次回ワークショップのお知らせ

第46回ワークショップは、平成22年10月27日(水)に、先進地視察・現地ワークショップを行います。

視察地は、市原市・米沢の森を予定しています。みなさん、ふるってご参加ください!