歩いて楽しいみちづくり鎌ケ谷第41回ワークショップ

平成21年10月28日(水)、拡大ワークショップとして、地域のみなさん10名が参加して第7回先進地視察を行いました

主な内容

1.整備関連報告

第25回WSの様子 第7回先進地視察「市民主体によるまちづくり(環境美化活動)」

 平成21年10月28日(水)、第41回ワークショップとして第7回先進地視察が実施され、参加者のみなさんと『大網白里町』を視察してきました。現地は20年前から花とふれあいを通してまちづくりを行っている地区です。

視察の様子 『千葉県大網白里町 季房会』は、大網白里町季美の森地区の南地域において、自治会、老人会、小学校等と協働で環境美化活動を行っている団体で、主に植花活動を行っています。

 現地を視察した後、季美の森自治会館にて、現地拡大ワークショップとして、季房会の代表及び大網白里町都市整備課都市計画班の方々と意見交換を行い、帰路の車中、参加者のみなさんでの視察の感想報告会となりました。

 みち並み保存の今後の活動における先進事例として、前年度、前々年度とはまた違った面からおおいに参考になり、新しいステップが見えてきた視察となりました。

 たくさんの関係者、一般市民のみなさんにご参加いただき、ありがとうございました。

ワークショップの様子視察の様子

次回の予定

 第42回ワークショップは、平成21年11月14日(土)開催を予定しています。第7回先進地視察を終え、「鎌ケ谷でどう活かすか」の意見交換、及びトライ&エラー活動報告会を行う予定です。