歩いて楽しいみちづくり鎌ケ谷第39回ワークショップ

平成21年6月27日(土)、道野辺中央コミュニティセンターにて、地域のみなさん12名が参加して第39回ワークショップが開催されました

主な内容

1.今年度の進め方・スケジュール

ワークショップの様子

 21年度は「トライ&エラー活動の実行 2年目」をテーマにワークショップを進めていきます。視察を含め、年間5回のワークショップを開催して、毎回トライ&エラー活動報告会を行うとともに、随時活動の企画や意見交換を行っていきます。

ワークショップの様子21年度ATM鎌ケ谷年間計画(PDF)

2.トライ&エラー活動報告
「5.理解ある市民」の活動 ~newATM通信~

 現在、編集メンバーは7名。記事ごとに担当者がいて編集を行っています。今年度は5回の発行を予定しています。

VOL.37では、表の全面に前回ワークショップの内容を、裏面には地域の活動「ATM鎌ケ谷の認知度」・いまむかしの写真などを掲載しました。

 現在、ATM通信は自治会で配布していますが、回覧の状況はどうかということに対して、以前と変わらないようだが、回覧方法を工夫をして手にとってもらえるようにしたという意見も出ました。また、駅前商店街の店舗にも配布したいという意見も出ました。

また、vol.37をカラー拡大して、初めて駅前広場内自動販売機横に掲示をしてみました。様々な人に目にしてもらい、ATM鎌ケ谷の活動を周知していきたいと考えています。

「5.理解ある市民」の活動 ~ATM情報発信~

 A2版×3くらいの大きさの掲示板を設置して、そこに掲示物を張り替えていくようなものにするという事務局案が出され、了承されました。これから掲示板を手作りで作成していきます。

「3.安全なみち」の活動 ~自転車対策~

ワークショップの様子 自転車実態調査とその分析を行って、現状をしっかり把握した上で、啓発活動を始めていこうということになりました。調査や活動のときには、実行委員の他、ワークショップメンバーで協力して行っていきます。

 安全対策の黄色いコーンの置き方の工夫についてや、自転車置き場オーナー・市内の学校・駅前広場付近の事業所などへのへの協力を依頼することについての意見が出されました。

「4.賑わうみち」「5.理解ある市民」の活動 ~いまむかし企画の発展~

 ATM通信でのいまむかし写真募集で集まった写真をもとに、夏祭り時に「いまむかし展」の開催を考えています。実行委員よりイベントの案が出され、ワークショップで検討を行いました。

展示物の案
  • 商店街近辺のむかしの写真と、その写真に合った場所がこれからどう変わるのかのイメージ図
  • ATM鎌ケ谷では、こんなメンバーでこんな活動をしているということ
  • 5大方針
  • 駅前全体・駅前広場の「できたらいいね~」というイメージ図
  • ATM鎌ケ谷の経緯
  • 「理解ある市民」に基づいたこと

ワークショップの様子ワークショップの様子

これからイベントに向けて、この案を基に実行委員で細かく練っていきます。

3.その他
【交通量調査】

次回ワークショップのお知らせ

第40回ワークショップは8月8日(土)です。

詳細が決まりましたら、お知らせいたします。みなさん、ふるってご参加ください!!