サイト内検索結果へジャンプ
鎌ケ谷市公式ホームページTOPページへ
市の概要 市の施策 くらしのガイド 各課ページ 施設案内 更新情報
English中文(簡体)中文(繁体)KoreanTagalogThai
サイト内検索
トップページ各課ページもくじ>高齢者支援課
 
高齢者支援課


 高齢者福祉係
 介護支援係
 介護保険係
【連絡先】
・高齢者福祉係(電話)047−445−1375
・介護支援係(電話)047−445−1384
・介護保険係(電話)047−445−1380

住所:〒273−0195
    鎌ケ谷市新鎌ケ谷二丁目6番1号/
    総合福祉保健センター2階
電話:047−445−1141(代表)
FAX:047−443−2233
 【お問い合わせメール】
 高齢者支援課への電子メールでの
 お問い合わせはこちらへどうぞ
    ■ 高齢者福祉係  高齢者福祉係へのお問合せ
    ■ 介護支援係  介護支援係へのお問合せ
    ■ 介護保険係   介護保険係へのお問合せ


  高齢者福祉係

 社会福祉センター
■ 関連リンク
高齢者の福祉   
市では指定管理者制度を導入しています!
介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)整備運営事業者の公募結果について
定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業の整備運営事業者の公募結果について
特別養護老人ホーム三山園非常勤職員(介護員)の募集
四市複合事務組合職員採用試験

【問い合わせ】444−0121  
<施設の内容>
 高齢者が健康で明るく生きがいのある日常生活が送れるよう、健康の増進、教養の向上及びレクリエーション等に利用できる施設です。舞台付きの68畳の広間やお風呂、高齢者用の健康器具が利用でき、囲碁や将棋もできます。
<催し物等>
 文化祭、陶芸・手工芸教室、健康相談(年数回)、陶芸等のクラブ活動
<開館時間> 午前9時から午後4時30分
<休館日> 毎週火曜日、祝日、年末年始
<利用料> 市内利用者は入館料無料(市外利用者
300円)
※障がい者の方には減額措置(半額)があ ります。
<交通機関> コミュニティバス等をご利用ください。



 老人クラブ

 市内には30の老人クラブがあり、同じ地域に住むおおむね60歳以上の方がクラブを作り、教養の向上、健康の増進、地域社会との交流を深めることなどを目的に活動しています。
<活動内容> ゲートボール、グラウンドゴルフ、ペタンク、歩く会、民謡、詩吟、踊り、囲碁、将棋、地域活動など。

 敬老祝金

 長寿を祝し、88歳(10,000円)、99歳以上(10,000円)の方に敬老祝金を支給します。
対象の方には市から、通知いたします。
<対象> 88歳、99歳以上となる年度(前年の9月2日〜当該年度の9月1日に対象年齢となる人)の9月1日に、住民基本台帳に3ケ月以上記載されている方。

結婚50周年

 結婚50周年を迎えたご夫婦には、記念品を贈呈します。(広報で募集します。)

 
 シニア身分証

<対象> 市内に居住する60歳以上の方で氏名・年齢等の記入された身分証を希望する方
<手続き> 返信用封筒のほか、パウチタイプを希望する場合は写真(2.5×2cm)を持参して高齢者支援課へ

 老人憩の家

 高齢者の親睦と交流の場として利用できるよう、7か所の老人憩の家を開設しています。

 はり・きゅう・マッサージ等費用助成

 65歳以上の市内居住者で、はり・きゅう等の施術が必要な方に、助成券を交付します。
<資格> 市内に居住する65歳以上の方
<手続き> 健康保険証を持参して高齢者支援課へ
  ※申請書の提出月により交付枚数が異なります。
    助成額は500円となります。

 シルバー人材センター

【問い合わせ】443−4145  
 市内在住の元気で働く意欲のある60歳以上の会員の方に、臨時的、短期的な仕事を紹介します。

 寝具乾燥等サービス事業

 寝具の衛生管理のための水洗い及び乾燥消毒車による寝具の乾燥消毒等を行います。(利用者負担あり)
対象者:ひとり暮らしの高齢者等

 軽度生活支援サービス事業 

 高齢者等の生活支援に資する軽易な日常生活上の援助等のサービスを生活援助内容に応じNPO団体が行います。(利用者負担あり)
対象者:ひとり暮らしの高齢者等

 紙おむつ給付事業 

 常時紙おむつを使用している方に紙おむつを給付します。(無料)
対象者:在宅の要介護3以上の高齢者で常時おむつを使用している方

 家族介護介護用品支給事業 

 在宅重度要介護者の家族に対して介護用品を給付します。(無料)
対象者:要介護4または5の高齢者の家族(市民税非課税世帯)

 緊急通報システム事業 

 心臓疾患等の慢性疾患や転倒等により、緊急時の連絡方法が不安な方に通報機器をお貸しします。(利用者負担あり)
対象者:ひとり暮らしの高齢者等


  介護支援係

 談話室事業
■ 関連リンク
高齢者の福祉
高齢者の見守り事業が始まっています
オレンジカフェはつとみ(認知症カフェ)を開催します
介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)のご案内

 閉じこもりがちな高齢者に対して地域の身近な施設でレクリエーション等の介護予防活動を行います。(参加者負担もあります)
対象者:閉じこもりがちな高齢者

介護者の集い

 高齢者の介護をしている家族の交流を行い、元気回復を図る支援を行います。(参加者負担もあります)
対象者:家族介護者

 外出支援サービス事業

 利用者の居宅と医療機関などの間を送迎する際の車椅子積載可能車両をお貸しします。
対象者:車椅子を利用する要援護高齢者(市民)等
利用1日に付き100円及び燃料代の負担
※利用前に予約を行ってください。

 すみよい住まいづくり助成事業

住宅改造する必要がある場合、その費用についての助成があります。
(1)対象者:要介護認定を受けている者で市民税非課税世帯
助成内容:介護保険対象とならない浴槽の一部の改造及び階段昇降機の設置等をする費用の助成 (2分の1助成の50万円限度)

(2)対象者:筋力低下が予想される虚弱高齢者で市民税非課税世帯
助成内容:手すりの設置に要する費用の助成(2分の1助成の5万円限度)

 緊急一時保護事業 

 身の回りのことは自分でできる高齢者が家族の病気や冠婚葬祭などで家での生活が一時的に困難になった場合に原則7日以内を目安に入所できます。 (利用料:1,730円/1日)
対象者:高齢者

 徘徊高齢者位置情報提供サービス事業 

 認知症高齢者の徘徊事故防止を目的とし、携帯端末機を利用した位置情報システムを備えた機器をお貸しします。(利用者負担あり)
対象者:徘徊のある高齢者
※介護保険の認定が必要

 生活相談指導事業

 介護者が病弱等の理由で介護力が弱い家庭または、認知症でお悩みの家族に対し、ホームヘルパー・ケースワーカー・保健師・看護師・作業療法士等を派遣し、相談指導をします(無料)
対象者:ねたきりの高齢者、認知症高齢者を介護する家族

 家族介護慰労金支給事業

 在宅重度要介護者の家族に対して慰労金を支給します。(慰労金年額10万円)
対象者:要介護4または5の高齢者を1年以上介護している家族(市民税非課税世帯)で介護サービス(年間7日間の短期入所を除く)の利用がなくかつ90日以上の入院がないこと。

 介護相談員派遣事業

 介護サービスの提供の場を訪ね、介護サービスの利用者の方々の話を聞き、利用者の疑問や不満、不安の解消を図り、介護サービスの質の向上を目指します。(無料)
対象者:要支援・要介護者

 介護予防事業

 要介護とならないように筋力向上・低栄養改善・口腔機能向上等の介護予防の通所事業を行います。
 
 ねたきり高齢者等の障害者控除

 所得税・住民税の課税対象額から障害者控除されます。
対象者:6ケ月以上ねたきりか認知症状態が継続している高齢者

 おむつ使用証明書

 おむつ代について、医療費控除を受けることが2年目以降で、介護保険法の要介護認定を受けている一定の人は、市で交付するおむつ使用の確認書を「おむつ使用証明書」に代えることが出来ます。



  介護保険係

介護保険制度
■ 関連リンク
◆くらしのガイド◆
介護保険制度
介護保険福祉用具購入費支給のお知らせ
介護保険特定福祉用具購入費受領委任払い登録事業者の募集について
介護保険福祉用具購入費受領委任払い事業者登録簿
介護保険住宅改修費支給のお知らせ
平成26年4月1日から介護保険住宅改修の事前申請承認方法が変わります
介護保険住宅改修受領委任払い事業者登録簿
介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)について(サービス事業者の方へ)
介護保険住宅改修費登録施工業者を追加募集

 介護保険制度は、介護を必要とする状態になっても自立した生活ができるよう、高齢者の介護を国民みんなで支えるしくみです。
 市が運営主体(保険者)となり、40歳以上の人が加入して保険料を負担し、介護が必要と認定されたときには、費用の1割(一定以上の所得のある人は2割)を支払って介護サービスを利用します。






























トップページ各課ページもくじ>高齢者支援課