ひとり親家庭等援護支度金制度


■対象となる方  ※所得制限があります。

 鎌ケ谷市内に住民登録があり、母子家庭・父子家庭・父母に代わって児童を養育する世帯の子ども(児童)が、小学校・中学校・高等学校等に入学、または中学校・高等学校を卒業して初めて就職する場合に祝金を支給します。
 ※大学・専門学校への入学は対象外です。

■支給月

 3月末頃を予定しています。
 3月上旬以降に申請書を提出した方へは4月以降随時支給します。

■支給額

区分 支給額
小学校入学 8,000円
中学校入学 9,000円
高等学校入学 10,000円
就職 20,000円

■所得制限限度額

扶養親族等の数 母、父または養育者の所得額 扶養義務者等の所得額
0人 192万円 236万円
1人 230万円 274万円
2人 268万円 312万円
3人 306万円 350万円
4人 344万円 388万円
5人 382万円 426万円
  • ※所得税法に規定する老人控除対象配偶者、老人扶養親族又は特定扶養親族等がある場合には、上記の額に次の額を加算した額となります。
  • (1)「父、母または養育者」の場合は、丸付き数字1老人控除対象配偶者又は老人扶養親族1人につき10万円、丸付き数字2特定扶養親族等(16歳から18歳までの児童を含む)1人につき15万円
  • (2)扶養義務者等の場合は、老人扶養親族1人につき6万円(扶養親族等の全員が、老人扶養親族の場合は1人を除く)
  • ※所得額は、収入から必要経費(給与所得控除等)、社会保険料相当額(一律8万円)、諸控除を控除し、養育費の8割相当額を加算した額です。
  • 扶養義務者とは、18歳以上の同居している方(同住所別世帯を含む)の事をいいます。

■申請に必要なもの

 祝金支給の認定を受けるためには申請が必要です。こども支援課窓口または郵送にて申請をしてください。
 申請期間は1年間(翌年の3月)です。
  • (1)戸籍謄本
  • (2)住民票
  • (3)障がいの状態を証明する書類
  • (4)申請者、児童の個人番号カード(個人番号カードをお持ちでない方は下記参照)
    • ※1月1日に鎌ケ谷市に住民登録されていた方は、課税課で申告してください。
    • ※ 転入の方は、平成29年1月1日現在の住所地で申告してください。
    • ※1月1日時点で海外にお住まいであった方は戸籍の附票(全部証明の原本)が必要です。
  • (5)・入学通知書(市立小中学校はハガキ)
    ・合格通知書(県立高等学校は「入学許可候補者内定通知書」)
    ・就職については、採用通知書・内定通知書
  • (6)申請者名義の通帳またはキャッシュカードの写し
  • (7)印鑑(認印可)
  • (8)その他 
    • ※児童扶養手当・遺児手当・ひとり親医療費助成に該当する方は(1)〜(3)は必要ありません。

■個人番号及び身元確認について

(1)番号確認(申請者本人・児童
  • 個人番号カード・通知カード・住民票(番号付き)
(2)身元確認(申請者本人
  • 個人番号カード・運転免許証・パスポート・身体障害者手帳・療育手帳・在留カードなど
※上記のものを有していない方は以下2点
  • 健康保険被保険者証・年金手帳・社員証・公的な証書・住民名義の通帳など(診察券は不可)

■問い合わせ

こども支援課給付係(電話)047−445−1325