児童手当制度


■手当の対象となる方

 日本国内に住所があり、中学校修了前までの児童の面倒をみている保護者(児童と生計を同じくする家計の主たる生計者)に支給します。
 単身赴任の場合を除き、受給要件を満たす者が複数いる場合は児童と同居している者へ優先的に手当が支給されます。
※児童の養育の状況に変化があった場合はお問い合わせください。

■支給月

原則として年3回の支給となります。
6月10日 10月10日 2月10日
2月〜5月分 6月〜9月分 10月〜1月分
 上記の支給日が金融機関の休業日にあたる場合は、その直前の営業日に指定の口座へ振り込みます。
  • ※なお、転出等の理由により児童手当の受給資格が消滅する場合などは、その他の日に支給する事があります。

■手当額

所得制限限度額未満である人 所得限度額以上である人
0歳〜3歳未満 15,000円 5,000円
(平成24年6月分から適用)
3歳〜小学校修了前 10,000円
(第3子以降は15,000円)
中学生 10,000円

■所得制限限度額

扶養親族等の数 所得額 収入額
0人 622.0万円未満 833.3万円
1人 660.0万円未満 875.6万円
2人 698.0万円未満 917.8万円
3人 736.0万円未満 960.0万円
4人 774.0万円未満 1,002.1万円

■申請手続きについて

申請を行った翌月分から支給対象となります。 
  • 必ず出生日・転入日の翌日より15日以内に申請をしてください。
    15日を過ぎますと、手当を支給できない月が生じる場合がありますのでご注意ください。
    また、郵送で申請される場合の受付日は市役所に到着した日となります。
    郵送事故による申請書の未着・延着は責任を負いかねますので、ご了承ください。

■申請に必要なもの

新規に申請する方
  • 第一子の出生や婚姻により児童を養育することになった方
  • 市外からの転入された方
  • 公務員でなくなった方(公務員の方は勤務先での申請になります。)
 
  • (1)認定請求書 ※鎌ケ谷市ホームページでダウンロードできます
  • (2)印鑑(認印で可)
  • (3)請求者名義の金融機関の銀行、支店、口座番号のわかるもの
    (お子さん名義等の口座は不可)
  • (4)請求者の健康保険証(厚生年金・共済年金に加入している方のみ)
  • ※厚生年金等の被用者年金に加入しており、加入している健康保険組合が国民健康保険組合の場合は年金加入証明書の提出をお願いします。
  • (5)請求者、配偶者等の個人番号カード(個人番号カードをお持ちでない方は下記参照)
    ※申告していない方は平成29年1月1日にお住まいの市役所等で申告が必要となります。
  • (6)請求者、配偶者の戸籍の附票(全部証明の原本)(平成29年1月1日時点で海外にいた方)
    ※本籍地から取り寄せてください。
  • (7)委任状(請求者以外の配偶者等が申請される方。詳細は下記参照)

※請求者とは主たる生計者(保護者の方のうち収入が高い方)となります。

すでに鎌ケ谷市で児童手当を受給している方で、手当の額に増減がある方
・第二子以降がお生まれになった方
・児童を養育しなくなった方

(1)額改定認定請求書 ※鎌ケ谷市ホームページでダウンロードできます
(2)印鑑(認印で可)

受給者と児童が別の住所にお住まいの場合
◆別居している児童が市内にいる方
(1)別居監護申立書 
  • ※児童の個人番号をご記入いただくため、児童の個人番号のわかるもの(個人番号カード・通知カード・番号付き住民票)をご用意ください。
◆別居している児童が市外にいる方
(1)別居監護申立書
(2)住民票(別居している児童を含む世帯全員が載っていて、個人番号の記載があるもの)

■個人番号及び身元確認について

請求者本人が申請された場合
(1)番号確認(請求者本人・配偶者
・個人番号カード・通知カード・住民票(番号付き)
(2)身元確認(請求者本人
・個人番号カード・運転免許証・パスポート・身体障害者手帳・療育手帳・在留カードなど
※上記のものを有していない方は以下2点
・健康保険被保険者証・年金手帳・社員証・公的な証書・住民名義の通帳など
 (診察券は不可)
配偶者など代理人が申請された場合
(1)代理権の確認
委任状(任意代理人)※鎌ケ谷市ホームページでダウンロードできます
・戸籍謄本(法定代理人)
(2)代理人の身元確認
・個人番号カード・運転免許証・パスポート・身体障害者手帳・療育手帳・在留カードなど
※上記のものを有していない方は以下2点
・健康保険被保険者証・年金手帳・社員証・公的な証書・住民名義の通帳など
 (診察券は不可)
(3)番号確認(請求者本人・配偶者
・個人番号カード・通知カード・住民票(番号付き)

■児童手当に関するQ&A

里帰り出産をして、出生届を他市町村で提出しました。児童手当はどこで申請したらいいですか? 主たる生計者の住民登録がある市町村での申請になります。
お子様がお生まれになったら、なるべく早く申請をしてください。出生日から15日を過ぎますと、手当を支給できない月が生じる場合がありますのでご注意ください。
申請者(夫)が仕事の都合で平日に市役所へ行けません。代わりに代理人(妻・祖父母等)が申請に行っても良いですか?




代理人での申請は可能ですが、必ず委任状が必要となります。申請者から委任状を一筆もらって来庁してください。 郵送での申請も受け付けています。詳しくは「申請に必要なもの」をご確認ください。
所得証明書の代わりに、源泉徴収票や確定申告の写しを提出しても良いですか?
源泉徴収票や確定申告の写しでは受付が出来ません。市区町村が発行する所得証明書(所得額・控除額・扶養人数・課税額が載ったもの)を提出してください。
  • ※市民税・県民税決定通知書は代用可能です。
児童手当の振込先を変更できますか? 受給者名義の口座であれば変更ができます。
変更先の口座と印鑑(認印可)をご持参の上、こども支援課の窓口で手続きをお願いします。
  • ※支払日直前での変更は出来かねます。お早目に手続きをしてください。
児童手当の振込先を配偶者、または児童の口座へ変更はできますか? 受給者以外の口座へは変更できません。
単身赴任で申請者(夫)のみ鎌ケ谷へ転入してきました。必要な手続きはありますか? 別居監護申立書と別居している児童を含む世帯全員が載っている住民票を提出してください。
詳しくは「申請に必要なもの」をご確認ください。
夫と離婚調停中で妻子と別居しています。児童手当の受給者を妻へ変更することはできますか? 妻は児童と同居していて、尚且つ夫と住民票上も別居している場合は変更が可能です。
申請する場合は必ず離婚協議中であることを明らかにできる書類を提出する必要があります。
児童手当の支払いの際、何か通知は届きますか? 10月の初めに「支払通知書」(ハガキ)にて通知いたします。
原則、1年に1回のみの通知になります。
支払通知書(ハガキ)を無くしてしまいました。再発行はできますか? 支払通知書(ハガキ)の再発行は出来ません。
ハガキは大切に保管してください。
大学の奨学金の添付書類で児童手当の支払いに関する書類が必要だと言われました。何か証明するものは発行されますか? 支払通知書(ハガキ)で証明ができます。
または、支払い済みの期間であれば証明書が発行できます。
印鑑(認印可)と来庁者の身分証をご持参の上、こども支援課の窓口で手続きをお願いします。

■問い合わせ

こども支援課給付係(電話)047−445−1325