本文へスキップ

鎌ケ谷市地域活性化推進チーム

これまでの取り組み

 鎌ケ谷市地域活性化推進チームは、平成21年度より『成長の戦略プラン』の具現化に向け、様々な取り組みを実施しております!

ファイターズPRポロシャツ


夏はみんなでクールビズ!

 市職員が、クールビズ期間に合わせ、毎週水曜日を「推進デー」応援ポロシャツを着て勤務しています。(平成21年度〜)

 平成23年度からは、色を緑・白・黒の3色に増やし、生地も吸汗性の高いものとしました。

 総合案内の受付職員も、ファイターズのユニフォームを着用してます(イースタンリーグ中) 。



ファイターズ発車メロディ


 

メロディ聞いたら、ファイターズ応援!


 東武野田線新鎌ケ谷駅と鎌ケ谷駅において、電車の発車メロディーを日本ハムファイターズ球団歌「ファイターズ賛歌」にしました(平成21年度〜)。

 2軍チームの本拠地としては、初の試みであり、同時に2駅流れるのも初めてです。

 上りの電車と下りの電車でメロディが違うので、ぜひ、聞いてみてください!


  • 発車メロディを聞くためには、Windows Media Playerを搭載している必要があります。
  • このが音源は、著作権上の理由により、コピーすることは出来ません。


日ハムへの新入団選手の手形を設置

頑張れ、ファイターズ希望の星!


 日本ハムファイターズの新入団選手の手形を作成し、東武野田線新鎌ケ谷駅前に設置しました(平成22年度〜)。
 現在、平成22年度〜平成26年度に入団した選手の手形が設置してあります。

 平成22年度は、”ハンカチ王子”こと、”斎藤 佑樹”選手の手形、平成24年度は、二刀流で開幕1軍入りを果たした”大谷翔平”選手の手形、平成26年度は、東京六大学で通算19勝を挙げた”有原航平”選手の手形が設置されています。


カビー住民票の作成

ついに、カビーも鎌ケ谷市民に!


 市制施行40周年を記念して、市の親善大使である「カビー・ザ・ベアー」の特別住民票を作成しました(平成23年度)。

 この住民票は、平成23年度に4,000枚限定で作成し、40周年記念式典やファイターズのイースタンリーグ、鎌スタ祭りなどで配布しました。

 住民票の左上には、番号(ナンバー)が付されており、特定のプレミアムナンバーの住民票を持っていた方に、抽選でふるさと産品等を贈呈しました(H24.1.1広報)。  


市のキャラクターの作成

みんなで”かまがや”を盛り上げよう!


 市の地域活性化や知名度の向上のため、鎌ケ谷市にまつわる様々なキャラクターが集合した「かまがや盛り上げ隊」を、市のキャラクターとして作成しました。(22年度〜)

 鎌ケ谷市にまつわる、テーマの異なる複数のキャラクターを集め、鎌ケ谷大仏や梨、ファイターズタウン鎌ケ谷など、鎌ケ谷市の様々な地域資源を一括してPRするとともに、市の施策のなかで広く活用していきます。





外国語併記の観光案内板を設置

市の見どころが満載!


 沿線で唯一私鉄4線が交差し、乗換客も増加しつつある新鎌ケ谷駅周辺に、その地の利を活かすための市の地域資源をPRする案内看板を設置しました。
 
 特徴としては、空港利用客などの海外からの来訪者の将来的な増加を見越して、日本語・英語・中国語・韓国語の4ヶ国語を併記し、国際化のまちづくりに対応しています。

 また、子どもから大人まで楽しめる看板を目指し、鎌ケ谷市ならではの地域資源を活かしたデザインにしました(等身大の鎌ケ谷大仏やカビーを探そう!)。


東経140度線の表示

世界に繋がる子午線!


 新鎌ケ谷駅前広場や市役所敷地内に”東経140度線”を表示しました(平成23年度)。
 また、東武鎌ケ谷駅の「ちばコープ前」や「新鎌ふれあい公園内」にも、表示しました(平成24年度)。
 さらに、「ヨークマート東道野辺店」前の歩道にも、新たに表示しています(平成26年度)。

 東経140度線は、鎌ケ谷市のちょうど真ん中を通っている子午線(地球の北極と南極を結ぶ南北の線)です。

 北はロシア、南はインドネシアやオーストラリアを通っており、日本では、栃木県宇都宮市、福島県会津若松市、秋田県大潟村などを通っています。




東経140度線の案内看板を設置

東経140度線を知っていますか?


 東経140度線を説明した案内看板を新鎌ケ谷駅前広場と東武鎌ケ谷駅近くのコープ前(東経140線の傍)に設置しました(平成24年度)。
 また、「ヨークマート東道野辺店」前の歩道にも、新たに設置しています(平成26年度)。
 
 東経140度線がどこと繋がっていて、この線の先は、日本や世界のどこに繋がっているのか、この看板を見て、より分かりやすくなりました。



分水界の案内看板設置


水を大切に使おう! 


 市民の有志の方々が、「最上流部に位置する鎌ケ谷市が、川の水を汚さないようにし、水の大切さを子どもたちに伝えていきたい」という思いから、寄付金を集め、分水界のモニュメントを作成し、市へ寄贈されました。

 市も、この考えや取り組みに賛同して、分水界に近い生涯学習推進センター(まなびぃプラザ)入口に設置場所を提供し、市制施行40周年を記念して、水の大切さなどの啓発看板を設置しました。

※ 平成24年9月12日に“NPO法人ふるさとICTネット”が選定している「オンリーワンのまち」第一号に、このモニュメント(雨の三叉路)が認定されました。

※ 市の分水界については、こちら。

※ 分水界の場所については、こちら。






























「かまたん」の3Dアート

色々な角度から見てみよう!


新鎌ケ谷駅の改札前に、「かまたん」の3Dアートを設置しました。

空の中で浮いているように見える「かまたん」や市の名産である梨に囲まれているように見える「かまたん」が設置されています。





職員採用ホームページを作成

私達と一緒に働きませんか?


 鎌ケ谷市職員採用についての専用ホームページを、作成しました。
 
 採用情報はもちろんのこと、市の職員として求めている人材像や各職場で働いている若手職員の職場紹介が見ることが出来ます。

 また、鎌ケ谷市からの挑戦状として、鎌ケ谷市の地域活性化に関するアイディアを投稿することも出来ます。



「職員採用ホームページ」へはこちら





鎌ケ谷市PRパンフレットの作成

これで、あなたも”かまがや通”!


 鎌ケ谷市の地域資源や市の魅力のPRを行い、地域の活性化を図るため、鎌ケ谷市PRパンフレットを作成しました。

 このパンフレットには、鎌ケ谷の名所(ファイターズタウン鎌ケ谷、観光農園、下総小金中野牧跡、鎌ケ谷大仏など)や四季折々のイベント(春の牧ウマまつり、市民夏まつり、YOSAKOIかまがや、鎌ケ谷駅イルミネーションなど)が紹介されています。

 また、新鎌ケ谷駅を出発点としたウォーキングマップが掲載されています。

 パンフレットは、市役所や各公共施設に置いてあります。

 PRパンフレット(PDF)


「きらりホール」に名称決定

市民の方と一緒に感謝状を授与!


 平成26年度に完成した「鎌ケ谷市民文化会館」の文化ホールの名称に、地域活性化推進チームから応募した名称(”きらりホール”)が、市民の方と一緒に選ばれました。

 この名称には、「このホールで多くの市民が”きらり”と輝くように」との願いが込められています。

 「きらり鎌ケ谷市民会館ホームページ」へはこちら


「陽だまりの彼女」PR
映画にもなったあの小説の舞台は、なんと鎌ケ谷市!?

 鎌ケ谷市では、小説「陽だまりの彼女」(越谷オサム著/新潮文庫刊)の舞台が鎌ケ谷市となっていることから、小説を読んだ方が、鎌ケ谷市を知っていただき、市内を巡っていただくための取組みを実施しています。


1.ポスターや栞の作成
 小説「陽だまりの彼女」の舞台(ふるさと)であることをPRするポスターや栞を作成。

(1)ポスター
 ポスターには、小説に関することや、鎌ケ谷市の地図、「かまがやスカイビュー」の写真を載せており、駅前や書店、各公共施設や学校で掲示しました。
   ○「ひだまりの彼女」ポスター(鎌ケ谷市作成)



 


(2)栞
  小説に登場する銀杏公園のイチョウや可愛い金魚をイラストとした「栞」です。
  市役所や市内の図書館などで配布していますので、ぜひ、読書の際、ご活用ください。




 


2.図書館とコラボ
(1)展示会
 鎌ケ谷市立図書館の中で、「陽だまりの彼女」の作者である越谷オサムさんの作品と”泣ける恋愛小説”の展示会を実施しました(平成25年10月初旬〜10月下旬まで)。
 展示は、図書館入口に、「越谷オサムさんの作品」や小説「陽だまりの彼女」をはじめとする図書館スタッフお薦めの泣ける恋愛小説の展示を行ったほか、ポスターや栞も設置しました。



(2)図書館だより
 図書館で3か月に一度発行している「図書館だより」(2013年10月号)に「陽だまりの彼女」の特集が掲載されました。
 特集には、”小説をより楽しむためのアイディア集”なども掲載されましたので、ご覧ください。
 



3.散策マップの作成(配布終了)
 小説を見た方が、舞台となった「鎌ケ谷市」を見て回れるよう「散策マップ」を作りました。
 マップには、市の見所や東武鎌ケ谷駅周辺のスイーツマップ、小説に登場する場所に関連したクイズ(全問正解者には、景品をプレゼント/受付終了)、自分で切って使える「陽だまりの彼女」をイメージした限定の「栞」が付いています。
 マップは、市役所や図書館、市内の書店などに設置しました(配布終了)。


  ☆ マップ@(表紙と裏面)(pdf)
  ☆ マップA(市内の見所)(pdf)
  ☆ マップB(スイーツマップ)(pdf)
  ☆ マップC(クイズと栞)(pdf) 


4.ポスターの巡廻展示
 夏休みの期間、市内の中学・高校生の美術部の生徒が作成した「陽だまりの彼女」のポスターの展示会を、各公共施設で実施しました。
 展示は、市役所や生涯学習推進センター、東部学習センター、中央公民館、市内各高校を順に回って行いました。


 
    市役所1階 市民ホール                   東部学習センター



ペットボトル・ツリー

光と人が交差する街へ!

 新鎌ケ谷駅北口広場に、ペットボトルを集めて作成した、ペットボトルツリーを設置しました。

 家庭で不要となったペットボトルを再利用しており、とってもエコです。

★点灯期間(予定)★
 平成27年11月20日(金)〜平成28年1月11日(月)


過去の新鎌ケ谷イルミネーションについては、こちら


変わり種ポスト(「新鎌きらりポスト」)


手紙を投函して”きらり”


 新鎌ケ谷駅北口広場に郵便ポストが設置されたことに伴い、そのポストの上部に、写真や絵画を掲示することが出来る「額」を設置しました!
 その名も「新鎌きらりポスト」です☆
 これは、市民に浸透している市の歌「きらり鎌ケ谷」の”きらり”から、市民に親しまれるポストとなるようにし、また、手紙を入れた方が、その日一日”きらり”と輝くようにとの願いを込め、設置しました。
 掲示するものは、随時変更する予定で、初めは、「鎌ケ谷市の屋上から見られる富士山」の写真を掲示し、その後は、市民まつりや高校生フォトコンテストの優秀作品を掲示しております。ぜひ、ご覧ください♪

緑のカーテン

育てよう、ゴーヤの苗!


 市役所の入口や市内の公共施設にて、夏に緑のカーテンを設置しています(平成21年度〜)。
 
 緑のカーテンを設置することで、地球温暖化にも繋がり、市民のエコ活動の輪を広げることが出来ます。

 平成24年度は、市内の保育園や小学校、各公民館やコミュニティセンター、児童センターなどにも設置しました。



市の特産物PR

一度食べたら、忘れられない!


 市の名産である「梨」や「ふるさと産品」をイベントの景品等に活用し、市の内外の方にPRしています(平成22年度〜)

 ふるさと産品とは、緑と香りの大地で育まれた産物、その台地に合った作り方と伝統を現代風にアレンジした産品です。
























バナースペース

地域活性化推進チーム

事務局(企画財政課内)

〒273-0195
千葉県鎌ケ谷市新鎌ケ谷2-6-1

TEL 047-445-1141(内線342)
FAX 047-445-1400