文へスキップ

鎌ケ谷市地域活性化推進チーム

かまがやスカイビュー

概要

 鎌ケ谷市役所の屋上は、建物の高さが市内でも比較的高く、市内を大きく見渡せることが出来るほか、市役所の西側は、大きな建造物が少なく、見通しが良いため、”富士山”と一緒に”東京スカイツリー”を展望することが出来ます。

 屋上へは、市役所が開庁している平日であれば、どなたでもご利用いただけます!
 みなさん、お誘いあわせの上、ぜひ、お越しください!





ビューポイント

 天気が良ければ、綺麗な富士山筑波山が見られるほか、夕方は、夕日に染まる空に富士山と東京スカイツリーをご覧いただけます。
 また、冬の時期の夜は、
東京スカイツリーのライトアップや市内の夜景を楽しむことが出来ます!

     



開放時間

  8時30分 〜 17時45分まで(2015年11月2日〜2016年3月31日まで)
  
※ 土・日・祝日・年始年末は除く
    
 
  市役所屋上からの”ナイトスカイビュー”(PDF) 



「”かまがやスカイビュー”フォト&ツイート(つぶやき)コンテスト(受付終了)

 市では、鎌ケ谷市役所の屋上から見られる風景(富士山や東京スカイツリー等)や街並みを一人でも多くの人に知っていただくため、フォト&ツイート(つぶやき)コンテストを実施しています。
  
コンテスト概要
(1)部門

@フォトコンテスト部門
Aツイート(つぶやき)コンテスト部門
(2)テーマ
 @鎌ケ谷市役所屋上から見た「富士山と東京スカイツリー」
 A鎌ケ谷市役所屋上からの景色を見て思い浮かんだつぶやき
(3)内容
@2013年6月に世界遺産となった「富士山」と「東京スカイツリー」とのコラボ写真を募集します。
A市役所屋上からの街並みを見て、思い浮かんだことを140字以内で募集します。
※ つぶやきは、「鎌ケ谷市に訪れてみたいと思ってもらえるつぶやき」や「鎌ケ谷の魅力が伝わるようなつぶやき」を基本とします。

★ 応募資格
 市内外を問わず、広く募集いたします(年齢等の制限はありません)。


★締切り
 平成26年2月28日(金)まで



●詳しい「コンテスト」の概要はこちら ⇒ コンテスト概要(PDF)
●各応募用紙はこちら         ⇒ フォトコンテスト応募用紙(word)
                   ⇒ ツイート(つぶやき)応募用紙(word)


★コンテスト結果
 2月28日(金)まで募集しましたところ、フォトコンテスト部門では20作品、ツイート(つぶやき)部門では、15作品の応募があり、そのうち、市では次のとおり入賞作品を選定しました。
 受賞された皆様、おめでとうございます。また、残念ながら賞に届かなかったみなさんも、ご応募いただき誠にありがとうございました。
 なお、入賞された方には、市から、
賞状と「鎌ケ谷市及び山梨県富士吉田市のふるさと産品詰め合わせ」を贈呈します。


★作品展示会(展示終了)
 平成26年3月24日(月)〜4月4日(金)までの間、市役所1階市民ホール内にて、応募があった全作品の展示会を実施します。
 また、イオン鎌ケ谷店にて5月16日(金)から3日間、東武鉄道新鎌ケ谷駅構内においても、5月19日(月)から展示していく予定(詳しい日程は、市広報等で周知予定)ですので、ぜひご覧下さい。





「”かまがやスカイビュー”フォト&ツイート(つぶやき)コンテスト」の入賞作品(平成26年3月)

◆フォトコンテスト部門

最優秀賞

「絶景」 堀 宏昌

 夕焼けの空を背景に、シルエットの富士山とスカイツリーを彩るイルミネーション、そして、高層ビルの明かりが輝き始める光景を見事に撮影した作品。


優秀賞

「暮れゆくツーショット」 田中 時雄

※ 夕焼けから夜景に変わる時の富士山と都会のシンボルタワー(スカイツリー)とのツーショットを撮った作品。


優秀賞

「街に灯りがともる頃」 柄越 將康

※ 陽が沈み、富士山がシルエットになる頃、輝き出したスカイツリーで、街に灯りが灯る(黄金色から青色に代わる)時を収めた作品。



入選

「我が街の絶景」 藤平 茂雄

※ スカイツリーのライトアップと富士山のシルエット、空の赤のグラデーションをバランス良く収めた作品。


入選

「陽は富士山に沈む」 岩城 康隆


※ 東京スカイツリーと上空の雲との間に沈む太陽が、丁度、富士山の頂に傘の様になった瞬間を収めた作品。


入選

「日本一のコラボ」 村上 勉

※ 東京スカイツリーと富士山に輝かしい太陽が沈んでいく光景を収めた作品。


入選

「富士山・スカイツリー・夕日の3点セット」 藤岡 克巳

※ 富士山とスカイツリーと夕日の3点セットを1枚の写真に収めた作品。


入選

「宇宙(そら)と夕暮れの時」 本間 正人

 東京の町並みに浮かぶ富士山のシルエットとスカイツリーの「粋」の青がアクセントとなる作品。


入選

「残光」 菅家優介

※ 日没後に残る光のグラデーション。
  上から水色、黄色、赤と3色に分かれた背景に、冬の特別ライトアップ「冬雅」のスカイツリーと富士山のシルエットが見事に映えた時間帯を撮った作品。


ツイート(つぶやき)コンテスト部門

@ ”ベスト”ツイート部門
  笠松 清英  ⇒ 「鎌ケ谷の春夏秋冬」(PDF:249KB) 


A 屋上に行ってみたくなったで賞
  大久保 絆菜 ⇒ 「スカイツリー」(PDF:243KB)


B 市の魅力を発信したで賞

  本田 茂樹 ⇒ 「鎌ケ谷市からのお・も・て・な・し」(PDF:245KB)





コンテスト授賞式

かまたんと一緒に受賞♪

 平成26年3月26日(水)に、市役所1階市民ホールにおいて、「”かまがやスカイビュー”フォト&ツイート(つぶやき)コンテスト」の授賞式を実施しました。

 当日は、入賞された方々に、賞状と記念品(「鎌ケ谷市ふるさと産品」)、さらに、今年度は山梨県富士吉田市と連携し、同市のふるさと産品を贈呈しました。

 授賞式の最後には、「かまたん」と一緒に記念撮影を行いました。


 


市役所屋上から撮影した風景

2009年11月 撮影


富士山のみの風景。

まだ、東京スカイツリーは建設されていない。

2011年1月


富士山と東京スカイツリー(建設中)

※ 東京スカイツリーの建設が始まって2年半が経過。



2011年1月 


富士山と東京スカイツリー(建設中)

※ 夕日に染まった空に富士山と東京スカイツリー


2012年1月


富士山と東京スカイツリー(完成)

※ 平成24年1月1日号の広報の表紙に掲載

2012年11月


ダイヤモンド富士(富士山の山頂に太陽が沈む)

※ 平成24年は、11月8日(木)に見られました。


2012年12月


東京スカイツリーのライトアップ

※ 東京スカイツリーが実施する
  「クリスマス・スペシャルライティング」イベント☆

 

「“かまがやスカイビュー”富士山フォトコンテスト」の入賞作品(平成25年3月)


最優秀賞

「鎌ケ谷市冬景色」 清水 義紀



※ 雪空に映える富士山とスカイツリーを市内の風景と共に見事に収めた作品。

優秀賞

「夕闇の富士」 堀 宏昌



※ 夕闇に浮かぶ富士山とライトアップされた東京スカイツリーの光景を映し出した作品。

優秀賞

「黄昏時」 松浦 俊宏



※ 太陽が落ちた黄昏時の富士山と東京スカイツリー、東京タワーなどを撮った作品。

入選

「夕陽に映るスカイツリーと富士山」
             岩城 康隆



※ 太陽が富士山の稜線に隠れる情景と東京スカイツリーのシルエットとのバランスが見事にとれた作品。

入選

「影富士とスカイツリー」 粕谷 勉



※ 夕闇の中で、富士山とスカイツリーのイルミネーション、新宿の高層ビル等がクッキリと浮かび上がった作品。

入選

「廻り合い」 柄越 將康


※ 富士山とスカイツリーに加え、下総航空基地からの飛行機が飛んでいる瞬間を上手く表現した作品。

入選

「夕刻に映える」 辻 則道


※ 夕暮れ時の富士山と東京スカイツリーを輝くように照らして いるコントラストの中に、下総航空基地からの飛行機が飛んでいる瞬間を捉えた作品。 

入選

「「粋」な夕暮れ」 本間 正人



※ 夕暮れ時で地平線が赤く染まった中、「粋」でライトアップされた東京スカイツリーと富士山のシルエットが綺麗に映し出された作品。


特別賞

「鎌ケ谷からも!!」

        田中 時雄

特別賞

「鎌ケ谷絶景の風景」

        平林 敏夫








バナースペース

地域活性化推進チーム

事務局(企画財政課内)

〒273-0195
千葉県鎌ケ谷市新鎌ケ谷2-6-1

TEL 047-445-1141(内線342)
FAX 047-445-1400