食育推進のトップページ > 食育推進計画とは?(鎌ケ谷市食育推進計画)
 私たちが健全な心と体を持ち、その一生をいきいきと心豊かに暮らしていくためには、「食」の在り方が重要になってきます。しかし、生活習慣の乱れからくる生活習慣病有病者や予備群の増加、朝食欠食、家族とのコミュニケーションがなく1人で食事をする「孤食」、高齢者の栄養不足等、食を取り巻く課題は多く、それらの対応が必要となっています。
 こうした状況に対応するため、国では、平成17年6月に食育基本法を制定し、平成18年3月には食育推進基本計画を策定し、全国的に食育施策が展開されてきました。平成24年3月には第2次食育推進基本計画を策定し、食育の『「周知」から「実践」へ』をコンセプトに、「生涯にわたるライフステージに応じた間断ない食育の推進」、「生活習慣病の予防及び改善につながる食育の推進」、「家庭における共食(きょうしょく) を通じた子どもへの食育の推進」を重点課題としています。
 これを受け、千葉県では平成20年11月に第1次食育推進計画「元気な『ちば』を創る『ちばの豊かな食卓づくり』計画」、平成25年1月には第2次食育推進計画「ちばの恵みで まんてん笑顔」を策定し、目標の達成に向け施策を総合的かつ計画的に推進しています。
 鎌ケ谷市においても、子ども を取り巻くすべての人々が、様々な分野において課題を明確にし、連携を取りながら、これまで以上に家庭を支援し、市の特性を活かした「食育」を総合的かつ計画的に推進していくために、平成23年3月に「鎌ケ谷市食育推進計画」(以下、第1次計画という)を策定し取り組んできました。その取り組みにおける成果と課題を踏まえ、また、国や県に準じ食育の『「周知」から「実践」へ』を実現できるよう、「第2次鎌ケ谷市食育推進計画」(以下、第2次計画という)を策定します。


第2次食育推進計画はこちら  計画書(PDF) 概要版(PDF)

平成28年度から32年度における食育推進施策の展開等。

年齢別!こんな力をつけよう

ライフステージごとの行動目標。

食育支援事業一覧

主な食育支援事業の一覧です。

こんな活動をしています

基本理念に向かい、家庭、学校、幼稚園・保育園、地域、食の生産者、食の安全・安心における関係機関、環境における関係機関など、様々な分野で食育を推進しています。

平成29年度事業日程

事業日程を掲載しております。

鎌ケ谷市の野菜を使ったレシピ集

鎌ケ谷市の野菜を使ったレシピ集

第1次計画はこちら  計画書(PDF)  概要版(PDF)

鎌ケ谷市食育推進計画の詳細はこちらです。

ページトップへ