食育推進のトップページ > 食育推進計画とは?(鎌ケ谷市食育推進計画) >こんな活動をしています(食育取り組みの紹介):地域

家庭・学校・給食

幼稚園・保育園

地域

食の生産者

環境における関係機関

鎌ケ谷市

【事業概要】
 地域ボランティアの鎌ケ谷市食生活改善推進員(ヘルスメイト)が、総合福祉保健センター、市内各公民館、コミュニティセンター、生涯学習センターなど市民の身近な会場を利用して開催しています。料理や会食を楽しみながら、健康づくりについて学び、食生活の改善を目指します。
健康づくり料理教室の様子保育の様子
 料理を楽しみながら、健康づくりを学びます。保育付きで実施しています。
【感想・成果】
 講話・実習・会食を通じて、楽しくバランスの取れた食事や生活習慣病予防の食事が学べる場として参加者の方に満足していただくことができました。
 また、減塩の普及啓発のために行っているみそ汁の塩分濃度測定は、減塩への意識を高める良い機会となりました。
【今後の取り組み】
 バランスの取れた食事が生活習慣病予防の食事について伝えるとともに料理づくりや会食を楽しめる場としても引き続き普及啓発していきます。 
取り組み2:ヘルスサポーター中学生講習会
【事業概要】
 ヘルスメイトが、中学校と協議をして中学校や公民館を利用し、「早寝早起き朝ごはん」をテーマに開催しています。健康づくりのための食生活の実践ができるよう栄養の基礎知識の講話や自分でも作れる朝ごはんの調理実習をしています。
洋食メニュー   和食メニュー
 洋食メニュー 和食メニュー
ヘルスサポーター中学生講習会の様子 【感想・成果】
 料理のカードを用い、食事の組み合わせを考えることで、バランスのとれた献立を学ぶことができました。「実習メニューを家で作ってみたい」、「もっと料理をしていきたい」、「食事のバランスについてよくわかった」、「食べる大切さがわかった」などの感想が聞かれました。


【今後の取り組み】
 内容や使用する媒体を検討し、参加した中学生が楽しく学べるよう引き続き工夫していきます。
 みんなで楽しく料理のこつを覚えます。
取り組み3:食育体験
【事業概要】
 市民活動団体が中心となり、「食育体験」を通じて、食や健康への興味・関心を育てます。企画ごとに「子どものみ」、「親子で」、「一般」と対象を変え、食材を大切にすること、料理を作ることの楽しさ、食と健康とのつながりを学びます。具体的には、農業体験(じゃが芋掘り、蕎麦の収穫)、料理教室、食育クイズ大会などを企画しています。
農業体験(じゃが芋掘り) 【感想・成果】
 平成27年度からの活動のため、今後、参加者の声を反映し、活動を推進していきます。


【今後の取り組み】
 月1回程度の定例開催を予定しています。
 農業体験(じゃが芋掘りの様子)

ページトップへ