サイト内検索結果へジャンプ
鎌ケ谷市公式ホームページTOPページへ
市の概要 市の施策 くらしのガイド 各課ページ 施設案内 更新情報
English中文(簡体)中文(繁体)KoreanTagalogThai
サイト内検索
トップページ各課ページもくじ>保険年金課
 
保険年金課


 国保給付係
 後期高齢者医療係
 保険料係 
 国民年金係
 保健事業係   
【連絡先】
・国保給付係(電話)047−445−1204
・後期高齢者医療係(電話)047−445−1207
・保険料係(電話)047−445−1208
・国民年金係(電話)047−445−1209
・保健事業係(電話)047−445−1418
住所:〒273−0195
    鎌ケ谷市新鎌ケ谷二丁目6番1号/
    市庁舎1階
電話:047−445−1141(代表)
FAX:047−445−1400(代表)
 【お問い合わせメール】
 保険年金課への電子メールでの
 お問い合わせはこちらへどうぞ
 なお、現在システム不具合のため、お問い合わせへの回答は、電話にて回答となる場合がございますので、予めご了承ください。
  ■ 国保給付係  国保給付係へのお問合せ
  ■ 後期高齢者医療係 後期高齢者医療係へのお問合せ
  ■ 保険料係   保険料係へのお問合せ
  ■ 国民年金係   国民年金係へのお問合せ
  ■ 保健事業係   保健事業係へのお問合せ


  国保給付係

 国民健康保険制度
■ 関連リンク
◆くらしのガイド◆
国民健康保険
医療費が高額になるときは
平成30年度から国民健康保険制度が変わります

 私たちは、生活の中でいつ病気をしたりケガをするかわかりません。国民健康保険は、もしものときのために加入者みんなで保険料を出し合い、助け合うことを目的とした医療制度です。
 日本では国民皆保険制度がとられており、皆がいずれかの医療保険に加入していなければならず、そのうち国民健康保険は、職場を退職したり、健康保険の扶養からはずれたなど、いずれの健康保険にも加入していない人は、必ず国民健康保険に加入しなければなりません。
 国民健康保険の加入者は、保険による診療等を受ける「権利」を持つ一方で、保険料を納付していただく「義務」も持っています。









  後期高齢者医療係

 後期高齢者医療制度
■ 関連リンク
◆くらしのガイド◆
千葉県後期高齢者医療広域連合
「口座振替納付済通知書」の廃止について

 75歳以上(一定の障がいがあり、認定を受けた人は65歳以上)の人は、「後期高齢者医療保険」で医療を受けます。保険料は後期高齢者医療保険に加入する全員が負担します。
制度は千葉県内のすべての市(区)町村が加入する「千葉県後期高齢者医療広域連合」が主体となり、運営されています。
くわしくは、関連リンクの「千葉県後期高齢者医療広域連合」または「くらしのガイド」の各項目をご覧下さい。





  保険料係

 国民健康保険料について
■ 関連リンク
平成29年度国民健康保険料について(PDF:922KB)

『国民健康保険料・年金天引き(特別徴収)開始』ついて(PDF)
「口座振替納付済通知書」の廃止について
不審な電話にご注意を!!
『保険料などの還付と偽る詐欺行為』
不審な電話にご注意を!!
『医療費などの還付と偽る詐欺行為』
新たにMMK設置店で納付が可能になります
国民健康保険料口座振替キャンペーンの実施について

  国民健康保険は、皆様に納めていただく保険料と国、県、市からの負担金や補助金等の公的負担を財源として運営されております。
  国民健康保険料は、国民健康保険事業の大切な財源ですので、各納期ごとの納付をお願いいたします。各納期ごとの納付が困難な場合は、分割による納付もできます。
 保険料係では、随時、納付相談を行っておりますのでご相談ください。



 保険料の未払いが続くと・・・

 保険料の未払いが続くと、法の定めに従いお持ちの財産を差押処分させていただくことになります。




 ■ 国民年金係

 国民年金制度
■ 関連リンク
◆くらしのガイド◆
国民年金
  • 加入する人
  • 任意加入
  • 年金の届け出
  • 保険料
  • 保険料の納付方法
  • 保険料の学生納付特例
  • 若年者納付猶予制度
  • 年金給付の種類
  • 年金給付の請求先
  • 老齢給付の請求先
  • 障害給付の請求先
  • 特別障害給付金制度
  • 遺族給付の請求先
  • 国民年金基金
  • 年金の相談
社会保険料(国民年金保険料)控除証明書に関するお知らせ
海外に転出される方へ国民年金からのお知らせ
20歳の誕生日を迎えられた方へ(国民年金からのお知らせ)

 わが国は、世界のどの国も経験したことのないスピードで超高齢社会へと移行しています。個人が自分の老後に備えることはもちろん大切ですが、個人の努力には限界があることも事実です。そのため、公的年金制度が老後の生活設計に果たす役割はますます重要なものとなってきています。国民年金は、老後の生活や病気やケガで障がいになったとき、夫に先立たれたときなどに基礎年金を支給し、経済的な支えを行うことを目的としています。 国民年金制度は、国が責任を持って将来の年金と納める保険料のバランスを考えながら運営し、また、現役世代が高齢世代を支える世代と世代の助け合いの仕組みによっています。この制度を支えているのが皆さんの納めている年金保険料です。
 国民年金には自営業の人、会社員・公務員(厚生年金との二階建て)など、すべての人が加入しなければなりません。







 ■ 保健事業係

 特定健康診査・特定保健指導業務
■ 関連リンク
生活習慣病予防について(千葉県国民健康保険団体連合会)

 鎌ケ谷市国民健康保険に加入している40〜74才の方に年1回特定健康診査を実施しています。
 健診結果から生活習慣病のリスクが高い方へは特定保健指導(保健師や管理栄養士による生活習慣改善のサポート)をご案内しています。








トップページ各課ページもくじ>保険年金課