社会保険料(国民年金保険料)控除証明書が発行されます



 国民年金保険料は、所得税及び住民税の申告において全額社会保険料控除の対象になり、その年の1月1日から12月31日までの納付した保険料が対象となります。
 この社会保険料控除を受けるためには、納付したことを証明する書類の添付が義務付けられています。
 このため、1月1日から9月30日までの間に国民年金保険料を納付された方については、「社会保険料(国民年金保険料)控除証明書」が本人に11月上旬に日本年金機構から送付されますので、年末調整や確定申告の際には必ずこの証明書(又は領収証書)を添付して下さい。
 また、10月1日から12月31日までの間に今年はじめて国民年金保険料を納付された方については、翌年の2月上旬に送付されます。
 なお、ご家族の国民年金保険料を納付された場合も、ご本人の社会保険料控除に加えることができますので、ご家族宛てに送付された控除証明書を添付の上、年末調整や確定申告をして下さい。
 「社会保険料(国民年金保険料)控除証明書」についてのご照会は、控除証明書のはがきに記載されている番号にお問い合わせ下さい。


  • ★控除証明書専用ダイヤル(11月上旬〜3月中旬)
    TEL 0570-003−004(ナビダイヤル)

    050から始まる電話でおかけになる場合は、
    TEL 03-6630-2525

    【利用時間】
    ・月〜金曜日 午前8:30〜午後7:00
    ・第2土曜日 午前9:00〜午後5:00
    (注)祝日、12月29日〜1月3日は、ご利用できません。

  • ※ナビダイヤルは、一般の固定電話からおかけになる場合は、全国どこからでも、市内通話料でご利用いただけます。但し、一般の固定電話以外(携帯電話等)からおかけになる場合は、通常の通話料金が掛ります。
  • ※TEL03-6630-2525の電話番号におかけになる場合には、通常の通話料金がかかります。




【掲載担当課】 保険年金課国民年金係(電話)047−445−1209