サイト内検索結果へジャンプ
鎌ケ谷市公式ホームページTOPページへ
市の概要 市の施策 くらしのガイド 各課ページ 施設案内 更新情報
English中文(簡体)中文(繁体)KoreanTagalogThai
サイト内検索
トップページ各課ページもくじ>学校教育課
 
学校教育課


 学務保健室
 指導室
 給食管理室
【連絡先】
・学務保健室(電話)047−445-1501
・指導室(電話)047−445-1518

住所:〒273−0195
   鎌ケ谷市新鎌ケ谷二丁目6番1号
   市庁舎5階
電話:047−445−1141(代表)
FAX:047−445−1100(教育委員会直通)


・給食管理室

住所:〒273−0131
    鎌ケ谷市軽井沢2049−4
    鎌ケ谷市学校給食センター1階

電話:047−445−5640
 【お問い合わせメール】
 学校教育課への電子メールでの
 お問い合わせはこちらへどうぞ
   ■ 学務保健室   学務保健室へのお問合せ
   ■ 指導室  指導室へのお問合せ
   ■ 給食管理室  給食管理室へのお問合せ



  学務保健室

 学区に関すること
■ 関連リンク
就学指定校変更許可基準
奨学金及び高等学校入学準備金貸付金廃止のお知らせ
平成29年7月1日から鎌ケ谷小学校及び関連する小中学校の通学区域の一部が変わります
第三次通学路安全対策推進行動計画
鎌ケ谷市通学路放射線量率マップ
就学援助制度についてのお知らせ
通学路の緊急合同点検について
プール水の放射線物質測定結果
独立行政法人日本スポーツ振興センター『学校安全Web』


  • 通学区域の指定

 転入学の手続き

他市町村から鎌ケ谷市へ来られた場合
市役所市民課で転入手続きをしたときに「転入学通知書」をお渡しします。指定された学校へ持参し、転入学の手続きをしてください。
鎌ケ谷市から他市町村へ行かれる場合
市役所市民課で転出の手続きをしたときに「転校通知書」をお渡しします。在学していた学校へ持参し、「在学証明書」と「教科書給与証明書」を受け取り転出先の市町村で転入学の手続きをしてください。
鎌ケ谷市内での転居による転校の場合
市役所市民課で転居の手続きをしたときに「転校通知書」と「転入学通知書」をお渡しします。在学していた学校と入学する学校へそれぞれ持参し手続きをしてください。

 入学の手続き

小学校入学
入学予定の前年10月中旬頃に教育委員会から「就学時健康診断のお知らせ」を、1月下旬頃に「入学通知書」を保護者宛にお送りします。
中学校入学
1月下旬頃に「入学通知書」を保護者宛にお送りします。
 ※次のような場合はご連絡ください。
  • 入学通知書が届かないとき
  • 入学までに住所が変わる予定があるとき
  • 通知書の記載事項に誤りがあるとき

 学校選択制

学校選択制とは
入学する学校を住所に基づく通学区域だけで決めるのではなく、保護者や児童・生徒が学ばせたい、学びたい学校を選ぶことができる制度です。
学校選択制の対象
小・中学校に入学する新1年生
学校選択制の手続き
毎年10月中旬から下旬頃に申し出期間を設定しています。広報等にてお知らせしますのでご確認ください。各学校の受入枠など詳しくは学校教育課へお問い合わせください。

 
 就学指定校変更許手続き

 通学(入学)する学校は、あらかじめ定められている通学区域に基づいて指定しています。しかし、鎌ケ谷市では、特別な理由があり指定された学校への就学が困難な児童生徒につきましては、指定された学校以外の小中学校への通学が認められる場合があります。詳しくは、関連リンク(右上)の「就学指定校変更許可基準」をご覧ください。

 就学の援助

 経済的な理由により、就学が困難な児童・生徒の保護者に学用品費、給食費、医療費などの援助を行っています。詳しくは関連リンク「就学援助制度についてのお知らせ」をご覧いただくか、学校教育課へお問い合わせください。

 通学路に関すること

  「通学路安全対策推進行動計画」に基づき、通学路の安全対策、児童生徒への交通安全指導などを行い、児童生徒が安全に安心して通える通学路の環境整備を行っています。

 児童生徒安全パトロールに関すること

  犯罪から子どもを守り、安全な地域環境を確保することを目的として、下校時から夕方までの間、通学路を中心にパトロールを実施しています。

 学校の保健に関すること

  • 学校の保健管理に関すること。
  • 教職員及び児童生徒の健康診断並びに疾病予防に関すること。
  • 学校環境衛生に関すること。
  • 学校安全及び日本スポーツ振興センター(災害共済、給付業務)に関すること。
  • 学校医、学校歯科医及び学校薬剤師に関すること。
  • 学校保健関係団体に関すること。



  指導室

 指導室の業務
■ 関連リンク
教育のページ
鎌ケ谷市第2期教育振興基本計画(PDF:4.34MB)
脳脊髄液減少症について
平成29年度 就学義務猶予免除者等の中学校卒業程度認定試験
ふれあい談話室のご案内(PDF:751KB)
市内中学校 部活動成績(平成28年度)
鎌ケ谷市いじめ防止基本方針を策定しました
 
 鎌ケ谷市の次代を担う子ども達一人一人が、確かな学力を身につけ心身共に健やかに育って欲しいということは、全ての大人が願っていることだと思います。
 その願いを実現するために、学校教育課指導室は、鎌ケ谷市の生涯学習推進の中で主に学校教育の指導に関する業務を担当しています。それぞれの学校が特色や主体性を生かしてより良い学校づくりを行えるように指導助言を行っています。全ての児童生徒が毎日楽しく、より有意義な学校生活が送れるように指導面での教育環境の整備を行っています。主として、学校教育の方針に関すること、教職員の研修に関すること、特別支援教育に関すること、生徒指導や長期欠席に関すること、就学相談や教育相談に関すること、学校体育に関することなどを担当しています。

 学校教育の基本的計画や方針に関すること

 5年後の鎌ケ谷市の子どもたちの姿を考え策定した「鎌ケ谷市教育振興基本計画」を周知し、その達成のため、学校と連携し、努力していきます。また、教育広報「ひびきあい」では市教育委員会の方針を広報するとともに、各学校の紹介を行っています。そして、きめ細かな指導をより推進するために、平成15年度より市少人数教育指導教員「きらり先生」を全校に配置しています。

 教職員の研修に関すること
 
 市内全ての学校に対して、市教育委員会の指導訪問を行っています。実際の授業を通して、「豊かなかかわりの中で「生きる力」を育む教育」を目指して、より良い指導の在り方について指導を行っています。また、市教育委員会主催で各種の研修会を行い、児童生徒理解や指導法の向上を図っています。

 特別支援教育に関すること

 通常学級に在籍する特別な教育的支援を必要とする児童生徒に対し、特別支援教育推進指導教員「ほほえみ先生」の配置を平成17年度より開始し、平成24年度には、市内小中学校全14校に配置をしました。特別な支援を必要とする児童生徒への教育について、さらなる推進を図っています。
 あわせて、市内の特別支援教育の推進のために、平成24年度より指導室に心理発達相談員を配置し、各学校の巡回指導を行っています。指導室と学校が連携して、一人一人の子どもたちにとってよりよい指導のあり方について考えています。

 生徒指導や長期欠席に関すること
 
 生徒指導主任・主事研修会を開催し、子どもの心に寄り添ったより良い生徒指導のあり方について研修を深めています。また、毎月長期欠席児童生徒の状況を市教育委員会として把握すると共に、市適応指導教室「ふれあい談話室」と連携して長期欠席児童生徒の学校復帰を目指しています。

 就学相談や教育相談に関すること
 
  児童生徒の適正な就学について、指導助言を行うと共に、教育相談に関する研修会を開催し、学校職員の教育相談に関する力量の向上を図っています。また、平成24年度より心理発達相談員を配置して、就学について相談、助言を進めています。

 学校体育に関すること
 
  市小中学校陸上競技大会や小学校球技大会を開催し、市内小中学校の児童生徒の体力の向上に努めています。また、鎌ケ谷市小中学校体育連盟と連携し、各種大会を企画運営し、児童生徒が目標に向かって各自の体力向上に取り組むことができるようにしています。

 


  給食管理室

 学校給食の業務
■ 関連リンク
学校給食
給食食材の放射性物質検査
学校給食センターPFI事業評価について
学校給食食材産地表示
鎌ケ谷市学校給食センター


  • 学校給食の計画及び運営に関すること。
  • 学校給食費に関すること。
  • PFI事業による学校給食運営のモニタリングに関すること。
  • 学校給食センターに関すること。







トップページ各課ページもくじ>学校教育課