就学指定校変更許可基準


 通学(入学)する学校は、あらかじめ定められている通学区域に基づいて指定しています。しかし、鎌ケ谷市では、特別な理由により指定された学校への就学が困難な児童生徒につきましては、保護者からの申請により、指定された学校以外の小中学校への通学が認められる場合があります。指定された学校以外の学校へ就学することを「就学指定校の変更」といい、就学指定校の変更は、鎌ケ谷市に住民登録されていることが条件となります。詳しくは、下記の表1〈就学指定校の変更に関する基準表〉をご覧下さい。 なお、この制度は小・中学校入学時の学校選択制とは別です。

表1 〈 就学指定校の変更に関する基準表 〉
許可事由 許可期間
1 転居をしたが、学期途中のため、転居前の学校への就学継続を希望する場合 当該学期末まで
2 転居をしたが、卒業学年のため、転居前の学校への就学継続を希望する場合 卒業まで
3 転居予定先の学区の学校への就学を希望する場合 転居完了まで
4 保護者の就労等で、児童生徒の預け先等がある学区の学校を希望する場合 当該学年終了まで
5 兄姉が通学している学校を希望する場合 兄姉の卒業まで
6 病気その他身体上の理由により転校に支障が認められる場合 事由が解消するまで
7 いじめ・不登校等の理由により転校を希望する場合 卒業まで
8 その他教育委員会が特に必要と認めたとき 必要な期間

・教室数の不足等により、受け入れを制限する場合があります。
・登下校の安全確保が図れることが前提となります。
・教育委員会に申請する前に、在籍する学校の教頭に相談して下さい。
・「市外に転出するが、鎌ケ谷市内の小中学校に通わせたい」等の場合は、区域外就学の申請を行います。


【問い合わせ先】  学校教育課学務保健室(電話)047−445-1501