竜巻から身を守るために


竜巻とは

 発達した積乱雲で上昇気流を伴う高速の渦巻きが発生し、それが地上付近にまで伸びたもの。激しい空気の渦巻で、大きな積乱雲の底から漏斗状に雲が垂れ下がり、陸上では巻き上がる砂塵、海上では水柱を伴います。

竜巻注意情報とは

 気象庁では、段階的な気象情報の発表をしております。
 竜巻注意情報は、積乱雲の下で発生する竜巻、ダウンバースト等による激しい突風に対して注意を呼びかける情報で、雷注意報を補足する情報とされ、各地の気象台等が担当地域(おおむね一つの県)を対象に発表されます。
 有効期間を発表から1時間としていますが、注意すべき状況が続く場合には、竜巻注意情報を再度発表します。
 発表された竜巻注意情報は、気象庁ホームページで確認できます。

竜巻注意情報


竜巻注意情報が発表されたら…

 竜巻注意情報が発表された場合には、まず周囲の空の状況に注意を払ってください。
 発達した積乱雲が近づく兆しがある場合には、頑丈な建物内に避難するなど安全確保に努めてください。

発達した積乱雲が近づく兆しとは…

発達した積乱雲が近づく兆しとは…

  • ※発達した積乱雲が近づいた場合の代表的な現象を記したものです。
    これらの現象が必ず発生するとは限りません。異変を感じたら早めの避難を心がけてください。

竜巻から身を守るための行動

屋内にいる
場合
  • 窓やカーテンを閉めて、窓から離れる。
  • 雨戸やシャッターは閉める。
  • 建物の最下階に移動する。
  • 家の中心部に近い、窓のない部屋に移動する。
  • 丈夫な机やテーブルの下に入るなど、身を小さくして頭を守る。
屋外にいる
場合
  • 物置、車庫,プレハブなどに避難しない。
  • 橋や陸橋の下には行かない。
  • 電柱や太い樹木でも、倒壊する可能性があるので近づかない。
  • 近くの頑丈な建物内に避難する。
  • 建物内に避難できないときは、頑丈な構造物の物陰に入り、身を小さくする。
  • 避難する場所がないときは、水路やくぼみに身を伏せ、身を小さくし、飛来物に注意する。

(気象庁リーフレット「竜巻から身を守る」より引用)


参考資料

竜巻注意情報 (気象庁ホームページ)
竜巻から身を守るには (気象庁ホームページ)
竜巻発生確度ナウキャストとは (気象庁ホームページ)




【掲載担当課】 安全対策課防災係(電話)047−445−1278