年度別一覧へ戻る

■ 平成27年度
 

東部学習センターの利用時間ほかについて(平成27年4月10日回答)


⇒ご意見

 東部学習センターの音楽スタジオを良く利用させて頂いております。
 夜の22時まで予約を取る事が多いのですが、21時45分くらいには館内放送が鳴り、22時までには会館の外に出る様に事務の方に追い出される(印象)ため、実際の利用時間は21時30分くらいまでになります。
 22時まで予約している利用者としては、22時までに音楽スタジオを退出する様に利用させて頂きたいです。
 仮に22時までに退館を求める様であれば21時半くらいまでの予約にするべき(もちろん料金も)かと思います。
 退館時間を優先するか、スタジオの退出時間を優先するかでご判断頂き、対応の改善をお願い出来ますでしょうか。
 また音楽スタジオの機材の劣化が激しいのでこちらも変更を要望致します。
 壊れているもの⇒マイクシールド(断線)
 使用はできるが状態が酷いもの⇒スネアドラム・シンバル
 宜しくお願い致します。




⇒回答

 いつも東部学習センターをご利用いただきありがとうございます。
 東部学習センターでは、できるだけ多くの市民にご利用いただけるように、開館時間を午前9時から午後10時までとしております。
 したがいまして、ご指摘のとおり午後10時までご利用いただけますので、改めて徹底してまいります。しかしながら、閉館の準備もございますので、できるだけ直前に閉館のアナウンスを入れさせていただきます。
 また、音楽スタジオに備えている楽器などの更新につきましては、ご要望の内容と劣化の状況を踏まえ、検討してまいります。
 今後もご利用をお待ちしております。

[担当課:生涯学習推進課東部学習センター]


国道464号(北初富駅付近)の道路整備、街灯の設置、図書館の手続きについて
(平成27年5月15日回答)


⇒ご意見

 北初富駅周辺の道路整備を望みます。道がとにかく悪いです。
 初富交差点からくぬぎ山交差点を自転車でも歩きでもよく使います。
 歩きでも自転車でも、なぜ側溝を車道に設けないのか。車道に側溝がないせいで、車道の水はけが悪すぎる。結果、水溜まりを走った車に水をかけられます。歩道はもっと滑らかに作れないのか。歩道に側溝があるせいで、自転車で走っている時に凸凹しすぎていて、タイヤが取られそうになる。危ない。それを避けて車道を走ろうとしても、車道が狭すぎる。自転車はどこを走れというのだ。
 ほかに、もっと多くの街灯設置を求めます。
 また、図書館のサービスで、貸出の延長もネット上でもできるようになることを望みます。




⇒回答

 ●国道464号の整備について
 初富交差点からくぬぎ山交差点までの状況につきましては、市としても認識しております。国道464号は千葉県が道路の管理をしており、いただいたご意見の概要を道路管理者の千葉県に伝えたところ、

 「ご意見をいただきました、初富交差点からくぬぎ山交差点についてお答えいたします。
 当該区間においては、一部の車道の舗装修繕及び、歩道の側溝と車道から歩道の側溝に排水している水抜き管の清掃を行い、現況の排水の改善を図ります。
 また、側溝の蓋については、点検を行い、段差のひどい箇所は補修等で段差が少なくなるように対応したいと考えております。
 また、街灯のご要望につきまして、県が設置する道路照明灯については、初富交差点からくぬぎ山交差点までの区間で、計13箇所に設置されています。県では道路照明灯の増設の予定はありません。」

 との回答がありました。
 道路沿いに設置されている照明には道路照明灯と防犯灯の2種類があります。
 道路照明灯は、夜間良好な視覚環境の中で安全で円滑な道路交通を確保し、交通事故を未然に防止するための照明施設として、市内幹線道路の交差点や見通しの悪い道路及び信号機が設置されていない横断歩道等に道路管理者が設置・管理を行っております。
 防犯灯は、現在、国道や県道沿いは市が設置し維持管理を行っており、それ以外の市道や私道沿いは自治会などの防犯灯管理団体が設置及び維持管理を行い、市ではこれらの防犯灯維持管理団体に対して設置費用や電気料、修繕費の補助を行っております。
 今回ご要望のありました国道464号には、概ね30m前後の間隔で市が防犯灯を設置しておりますが、さらなる設置につきましては、現地を確認し周辺の状況を勘案しながら検討していきたいと考えております。
 今後とも、国道を含め道路の状況を改善するため、千葉県とも連携を密にして取り組んでまいります。

●図書の貸出期間の延長手続きについて
 図書の貸出期間は、2週間を前提としております。延長は、2週間で読み切れなかった場合の特別なルールであることをご了承ください。
 また、窓口および電話での延長手続きは、返却予定日の3日前からという優先枠があります。
 現在の図書館システムは、平成25年1月にリニューアルを実施しました。今後、延長手続きをネット上で行うことが可能かどうかの検討を行ってまいります。

[担当課:安全対策課、道路河川整備課、道路河川管理課、生涯学習推進課図書館]


学校給食の献立について(平成27年5月15日回答)


⇒ご意見

 小学校の給食について、意見させていただきます。
 大勢の子供たちから給食が美味しくないとの発言を聞きます。その為か、給食の残飯が多くなっています。給食センターが新しくなりましたが、今まで以上に美味しくなくなったとの意見が多いのは何故でしょうか?
 以前住んでいた市川市は自校給食制で、それぞれの学校に給食室があり、朝から給食室で全校生徒の給食が作られていました。鎌ケ谷市では、子どもが完食できるような、美味しい給食作りを目指す為に、市の職員や市長が定期的に試食するなどの努力をされているのでしょうか?子どもが残さず食べるような美味しい給食を望みます。




⇒回答

 昨年4月に開所した新学校給食センターでは、文部科学省の学校給食の基準、健康的な食生活・食嗜好(好み)、素材の味を活かした給食の提供を目的として、一昨年度よりも少し薄味の給食でスタートしました。
 その後、給食の味付けに関して、児童・生徒の皆さんのご意見を伺った中で、皆さんの嗜好(好み)を反映し、昨年5月22日から一昨年度に近い味付けになるよう改善いたしました。
 さらに、より多くの児童・生徒の皆さんのご意見を把握するため、昨年7月末に給食に関するアンケートを実施いたしました。その結果、「給食はおいしいですか?」との問いに、「おいしい」「どちらかというとおいしい」との回答が67%、「おいしくない」「どちらかというとおいしくない」との回答が33%でした。
 保護者の方々においても、昨年度5校で実施した試食会のおりにアンケートを行いました。その結果、味付けについての設問では、3校の試食会において、「ちょうどいい」が84%、「薄い」が15%、「濃い」が1%の回答となっております。また、別の2校では、設問が少し異なるのですが、同じく味付けについて、「好みに合う」が31%、「ちょうどいい」が66%、「好みに合わない」が3%の回答となっております。
 給食の試食につきましては、市長や市職員も味の確認を行っております。食の嗜好は個人差がございますが、児童・生徒の皆さんが「給食がおいしい」と言っていただけるよう、今後もいただいたご意見やアンケート結果をもとに、献立・味付けなどを随時見直し、おいしい給食を提供してまいります。

[担当課:学校教育課給食管理室]


コミュニティバス「ききょう号」について(平成27年5月15日回答)


⇒ご意見

 早速で大変恐縮ですが、ききょう号を愛用しており、すごく助かっています。
 週末も市役所前のイベントや体育館や病院など行くので、運行いただけないでしょうか。
 また、毎回100円の準備や乗り継ぎ券を受け取るのに結構不便です。特に年配の方、大変そうです。シルバーパスポートや定期券を発行いただけるとすごく助かります。ご検討いただけませんでしょうか。




⇒回答

 コミュニティバス「ききょう号」をご利用いただきありがとうございます。
 平成26年度は、約7万5千人のお客様に「ききょう号」をご利用いただきました。
 平成26年度の運行経費は、年間で約3,150万円かかっております。この内訳としましては、お客様からいただく運賃収入が約720万円で約23%、市の補助金が約2,000万円で約63%、バス会社が約430万円で約14%となっております。
 「ききょう号」の週末の運行につきましては、平成17年度までは、土曜日・日曜日の運行を行っておりましたが、平日の利用客に比べて土曜日・日曜日の利用客が半数程度と少ないことから、平成18年度に運行ルート、運行日等の改編を行い、現在の月曜日から金曜日の毎日の運行になった経緯があります。
 しかしながら、近年、土曜日・日曜日の運行、遅れのない定時運行、パスモ等のICカードの導入等についてのご意見を多く頂戴していることから、これらの問題に対する対応策の検討を今年度に行うことになっております。

[担当課:都市計画課都市政策室]


スクールゾーン(東初富六丁目付近)の表示について(平成27年6月3日回答)


⇒ご意見

 スクールゾーンについて、東初富六丁目付近から稲荷三差路に抜けるスクールゾーンが分かりにくく、最近の取締りまで知りませんでした。
 鎌ケ谷に永年住んでいる義理の両親すら知らなかったくらいです。
 通行止め(7時から8時半まで)表示が有りますが、かなり見えにくく、分かりにくいのに取り締まり時だけ捕まえ罰金・減点というのは納得がいきません。
 スクールゾーンで危ないというのであれば、馬止めの設置や道路にスクールゾーンの表記をしてわかりやすくするべきではないでしょうか?
 取り締まりで減点された運転者、皆さんが納得のいかない様子でした。




⇒回答

 ご意見をいただいた箇所は、東初富四丁目から稲荷前三差路の信号に繋がる市道
2739号線の規制部分となります。この部分はいわゆるスクールゾーンとして、土・日・休日を除く午前7時から午前8時30分、車両の通行が禁止されており、そのための交通標識が交通管理を行っている警察により、稲荷三差路側と東初富四丁目側にそれぞれ左右に設置されております。
 スクールゾーン等の表記をもっと分かりやすくしてほしいとのご要望につきましては、道路担当課および通学路担当課と鎌ケ谷警察署で協議し、路面標示や看板などで対応を図ってまいります。

[担当課:道路河川管理課、学校教育課学務保健室]



市役所の駐車場について(平成27年6月24日回答)


⇒ご意見

 現在、市役所の駐車場が工事中で少なくなっていますが、土曜日でも満車で停められません。住民票を自動発行機で発行するだけでも、結局停められず、戻って商業施設の駐車場に停めました。
 市役所の駐車場は、市役所利用者以外でも利用できるようになっていますが、こういう状況なのですから、利用は1時間以内など取り決めていただきたいです。今日は平日でしたが、やはりほぼ満車に近い状況でした。




⇒回答

 現在、市庁舎の免震工事の実施に伴い市役所駐車場の一部を工事エリアとして使用しており、通常時と比べ駐車場の区画が減少しております。
 「広報かまがや」や市ホームページで、来庁の際は公共交通機関などのご利用をお願いしているところですが、工事開始前と比較すると駐車場の混雑度は増しており、利用者の方々にはご不便をおかけしております。
 このことから、新たに仮設駐車場を確保する方法なども含め、少しでも駐車場区画の不足を解消できるよう現在検討を進めているところです。
 なお、市役所の駐車場は休日を除いて、市役所を利用する方以外の使用を認めておりません。

[担当:契約管財課]



隣家の空き家対策について(平成27年6月25日回答)


⇒ご意見

 隣家(廃屋で住人がいない)がどうにかならないかご連絡致しました。
 住民登録時窓口の方ともお話しをした際、認識はしておられるようでしたが、窓は割れ古いプロパンガスのボンベも放置され危険な状況です。また、敷地の空いた場所には勝手に?車が停められてもいます。
 5月には空き家対策特別措置法が施行されるとの事。是非手を打って頂きたいと考えご連絡致しました。




⇒回答

 市では、管理不全な空き家が放置されることで、地域社会へ悪影響を及ぼすことを防ぐため、平成25年10月に施行された「鎌ケ谷市空き家等の適正管理に関する条例」および平成27年5月に施行された「空家等対策の推進に関する特別措置法」により、空き家の適正管理を推進しています。
 今回ご意見をいただいた空き家につきましては、安全対策課職員が現地を確認したところ、建物の劣化がみられるとともに樹木の繁茂が著しい状態であり、「空家等対策の推進に関する特別措置法」に規定する特定空家等に該当することから、所有者宛てに適正な管理を行うよう要請してまいります。
 また、消防本部では、管理不全な空き家の放置による放火等の火災予防上の観点から、所有者または管理者に対し、周囲の燃焼のおそれのある物件の除去その他火災予防上必要な措置を講じるよう要請しています。
 今回ご意見をいただいた空き家につきましては、予防課職員が現地を確認したところ、プロパンガスのボンベが敷地内に置かれている状態であり、「鎌ケ谷市火災予防条例」第24条の「空地及び空家の管理」に該当することから、所有者宛てに適正な管理と併せて、周囲の燃焼のおそれのある物件の除去その他火災予防上必要な措置を行うよう要請してまいります。

[担当:安全対策課、予防課]



保育園等の馬込沢駅周辺への設置について(平成27年6月30日回答)


⇒ご意見

 いつも馬込沢駅を利用しています。子供が出来て感じた事は、隣の鎌ケ谷駅、新鎌ケ谷駅周辺には認可保育園などがあり便利に感じられますが、馬込沢駅周辺には認可保育園や託児所といった施設がなく、利用したい時には一駅先の保育園まで出向かないとならないのが現状で、とても不憫に感じられます。1番近い保育園は道野辺保育園になりますが、自転車でも距離があり不便です。
 行けない距離ではないのですが、できれば近くにあれば便利だと常日頃思っています。
 馬込沢駅に隣接する船橋市周辺には、保育園や新たに認可保育園を新設するなどとても子育て世帯には住みやすい環境だと感じられます。以前、病院や冠婚葬祭等で一時的に預けたい時、近くの船橋市の保育園へ一時保育の申し込みをした際、船橋市在住の方でないと利用出来ないと断られました。
 馬込沢駅周辺にも、認可保育園や託児所を作っていただけないでしょうか?(例えばグリーンハイツ内の空き部屋を託児所施設にしたり、南児童センター内に託児所を設けたり、駅周辺の空き店舗等を活用する)
 設置不可なのであれば、その理由のお応えお願いします。




⇒回答

 馬込沢駅周辺には、鎌ケ谷市の保育園が無く、ご不便をおかけしております。
 市では、待機児童の解消を継続するため、平成27年度から平成31年度を計画期間とする「鎌ケ谷市子ども・子育て支援事業計画」に基づき、保育園の整備を進めております。この計画では、保育の提供区域について、本市の特徴として行政面積の距離が東西5キロメートル、南北6.6キロメートルとコンパクトであり、東武線・新京成線、北総鉄道・成田スカイアクセスの鉄道4線及び8つの駅を有し、交通の利便性が高いことから、市全域を1区域として捉えて整備を進めているところです。
 現在、市ではこの方針に基づき、平成28年4月の開設を目指し、市内全域を対象として、保育の需要を踏まえた小規模保育事業(0歳〜2歳児)の公募を実施しているところです。
 その結果により、馬込沢地区に整備される可能性もございますが、事業者が土地の選定も含めて応募する方式のため、ご要望にそえるか明確な回答ができかねる状況です。
 今後も鎌ケ谷市のすべての子どもが健やかに成長できるための環境整備・支援を進めてまいりますので、ご意見等をお寄せいただければ幸いです。また、子育てについてのご相談等がございましたら、市職員にお声をかけていただければと思います。

[担当:幼児保育課]



職員の対応について(平成27年7月2日回答)


⇒ご意見

 生涯学習施設に施設予約のために窓口へ行ってきました。
 予約ルールがわかりにくかったため、窓口の方と問答になったときにいちばんえらそうな方に非常に高圧的でぶっきらぼうな対応をされました。対応というよりは喧嘩を売られたような印象でした。一方的に不愉快な思いをしたのでご意見させていただきます。
 結局他の職員の方に丁寧に説明いただきましたが、市職員の中で市民に対してどう接するべきか、人によりかなり温度差があるのではないかと思います。
 市民への応対については、市で職員に対して教育等は行っているのでしょうか?行っているのであれば不十分だと思います。




⇒回答

 このたびの施設窓口にお越しいただいた際に、ご不快な思いをされたことにつきましては、心からお詫び申し上げます。
 日頃より、親切・丁寧な接客を心掛けるよう指導しておりますが、行き届かぬ不十分な応対となってしまいました。今後はこのようなことがないよう、改めて職員に指導いたしました。
 職員の接遇教育につきましては、全職員に「接遇ハンドブック」を配布し、お客様の立場に立った応対を目指すとともに、毎年、全職員を対象とした接遇研修を実施しており、あわせて機会があるごとに注意を喚起し、皆様から信頼されるような接遇マナーを身につけることを目指しております。
 しかしながら、今回ご意見をいただいたとおり、いまだ十分でない面があるものと認識しております。改めて職員の接遇教育の徹底を図り、接遇サービスの向上に努めてまいります。


[担当:総務課人事室、生涯学習推進課]



消防車両の配備について(平成27年7月7日回答)


⇒ご意見

 鎌ケ谷市にずっと暮らしていますが、マンションがとても増えたと実感しています。自分自身マンションに住んでいます。
 鎌ケ谷市消防本部にははしご車がないと思うのですが、もし高層火災の場合は隣の市から応援がくるのでしょうか?
 またはしご車配備の予定はありますか?




⇒回答

 お尋ねのありました、はしご車の配備状況についてお答えいたします。
 鎌ケ谷市消防本部では中高層建物火災に対応するため、右京塚にあります中央消防署に、屈折はしご付消防自動車を配備しております。また、不測の事態に備え近隣市と消防応援協定を結んでおり、必要に応じて互いに応援を行う体制を整えております。
 今後とも、火災などによる被害から人命および財産を守るため、全力を挙げて取り組んでまいります。

[担当:消防総務課]



「鎌ケ谷市ふるさと とくとく商品券」の追加販売について(1)(平成27年7月21日回答)


⇒ご意見

 鎌ケ谷市のとくとく商品券の追加販売についてですが、追加販売日初日に車が渋滞し過ぎて、幼稚園バスは遅れるし、周辺道路が混んでいるために子供の病院にもなかなか着けずに大変迷惑をしました。
 また、並んだ方に話を聞いた所、二時間以上雨の中並んだにも関わらず、買えず職員の対応も悪くかなり憤慨したそうです。
 初日の平日でこんな有り様なので、他の日はもっと酷いことになる予感があります。
やはり、販売方法や対応をもっと考えるべきだったのではないでしょうか?
 前回同様、ハガキで応募で購入枚数も3冊など少なくするか、販売冊数を増やすべきでは無いでしょうか?




⇒回答

 商品券の追加販売の影響による渋滞につきましては、ご迷惑をおかけし、大変申し訳ありませんでした。
 商品券の追加販売におきましては、購入を希望される方が多数に及んだため、多くの皆様にお買い求めいただくことができませんでした。職員の対応と併せてお詫び申し上げます。
 また、販売・購入方法や来場者の対応等につきましては、多くの方よりご意見をいただきました。
 今回いただいたご意見につきましては、真摯に受け止め、今後の行政運営に活かしてまいります。
[担当:商工振興課]



「鎌ケ谷市ふるさと とくとく商品券」の追加販売について(2)(平成27年7月21日回答)


⇒ご意見

 鎌ケ谷市ふるさととくとく商品券を発行・運用する資金はどこから捻出されたものですか?市に納めた税金も使用されているのではないですか?
 もしそうであれば、鎌ケ谷市民でなくとも購入可能な追加販売の方法に問題があります。
 今回、船橋市民や近隣の地域の人々が購入したのは間違いないです。
 鎌ケ谷市民に還元しない方法はやめて頂きたいです。




⇒回答

 商品券を発行・運用する際の資金につきましては、全額、国及び県からの交付金で賄われており、市税等の自主財源からの持ち出しは発生しておりません。
 また、販売・購入方法等につきましては、当初、市民を対象に往復はがきによる事前申し込み制で販売し、残った分について追加販売いたしました。
 追加販売の方法等につきましては、多くの方よりご意見をいただきましたが、今回の商品券発行の目的のひとつである地域経済の活性化のために、追加販売分につきましては、制限を設けず販売させていただきました。
 なお、他市においては、当初から制限を設けないで販売している例も多数ございます。
 今回いただいたご意見につきましては、真摯に受け止め、今後の行政運営に活かしてまいります。

[担当:商工振興課]



「鎌ケ谷市ふるさと とくとく商品券」の追加販売について(3)(平成27年7月21日回答)


⇒ご意見

 とくとく商品券についてですが、追加販売に何時間も前に行ったのに買えませんでした。
 次回やるなら、下記のような販売方法を検討していただきたいです。
 購入権利を鎌ケ谷市民優先にして欲しい。追加ではなく、1回目の販売の時も学校からの手紙で知りましたが、見逃してしまう事もあります。実際見逃し、5月30日からのハガキと引き換えで購入時には、ハガキがないので買えませんでした。市民全員が平等に情報を得る為には事前にハガキ等を郵送して、希望者のみがそのハガキを引き換え場所に持って行き購入できるようにするべきです。
 それでも余ったら初めてそこで誰でも買えるようにすれば良いのではないでしょうか?市民税を払っている鎌ケ谷市民に還元されないのはおかしいです。




⇒回答

 市の商品券事業につきましては、国からの交付金を受け、市内外の需要を喚起し、地域経済を活性化させるために実施した事業です。
 第1次販売では、市民を対象とした事前申し込み制で販売し、申し込みに至らなかった16,000冊の商品券を第2次販売として、市内外の方を対象に追加販売いたしました。
 第1次販売の事前申し込みの際には、「広報かまがや」および市ホームページへの掲載に加えて、公共施設でのポスター掲示、自治会回覧や民間事業所を活用した折り込みチラシの配布など、様々な方法で広報いたしました。また、商品券の申し込み方法につきましても、市販の往復ハガキのほか、市内公共施設25カ所に商品券専用の往復ハガキや投函箱を備え付けるなど、様々な申し込みができる体制をとっておりました。
 しかしながら、全ての市民への周知には至らなかったという点を踏まえ、今回いただいたご意見につきましては、真摯に受け止め、今後の行政運営に活かしてまいります。

[担当:商工振興課]



テニスコートの施設予約の取り消しについて(平成27年8月14日回答)


⇒ご意見

 テニスコートについて質問させて頂きます。
 昨日は、各地35度越えの猛暑日で非常に暑かったです。福太郎テニスコートを借りて、9:00〜13:00テニスを行っていたのですが、熱中症等の危険もあり11:00で中止しました。
 アリーナの事務所に11:00以降のコートのキャンセルは可能か確認したところ、「雨ではないのでキャンセルは受けられない」と言われました。
 もし暑さでキャンセルを受ける場合は「光化学スモッグ警報が発令しないと出来ない」とも言われました。光化学スモッグ警報はここ数年出ていないそうです。
 テニスコートは、雨の場合は自己都合でキャンセルが可能ですが、暑さで出来ないのはおかしいと思います。熱中症になっても続けろと言うのは如何なものでしょう。
 本当に暑さ等でテニスコートキャンセルが出来ないか教えて下さい。また、春先等風が強い時がありますとてもテニス出来ない日もあります。





⇒回答

 福太郎テニスコートのご利用ありがとうございます。
 猛暑を理由とするテニスコートのキャンセルに関する質問についてお答えいたします。
 猛暑の場合は、豪雨や台風等のようなテニスが出来ない状況とは異なるものです。昨今、夏の時期は猛暑になることが多いので、利用者の方々もその環境をご理解の上で予約をしていただいているものと考えております。また、貴殿がテニスコートを予約されなければ、他の市民の方がその時間帯を利用された可能性もありますので、荒天という原因以外での当日キャンセルは、やはり認められないものと考えます。
 今回いただいたご意見につきましては、今後の施設運営に対する貴重なご意見として承りました。
 今後も、水分・塩分の補給、施設周辺の日陰もご利用いただき、自己管理を行いながらテニスを楽しんでいただきますようお願いいたします。

[担当:文化・スポーツ課]



県道8号の街灯(東道野辺二丁目)、信号機(鎌ケ谷二中入口)ほかについて(平成27年9月29日回答)


⇒ご意見

  1. 県道8号線沿いの歩道に街灯設置をお願いします。
    •  東道野辺2丁目の店舗から交差点「鎌ケ谷二中入口」まで、夜道が暗く危険を感じます。特に、店舗が閉店したあとは、真っ暗になります。昨今の治安情勢を鑑みるに、安全対策として街灯設置を希望します。
  2. 交差点「鎌ケ谷二中入口」の信号を時差式にしてはどうでしょうか。
    •  朝の通勤時間帯、「鎌ヶ谷高校方面から来て、県道8号線に右折する」車が渋滞しています。逆方向からの直進車が多く、右折できる時間が短いためだと思います。
  3. このページ(意見・要望ページ)に、ファイルを添付できるように。
    •  文章だけで説明するよりも、図や地図を使うことで、より伝わりやすくなると思います。例えば、今回の要望ですと図を添付した方がより伝わると思います。




⇒回答

  1. 県道8号線沿いの歩道への街灯設置
    •  道路沿いに設置されている街灯には、道路照明灯と防犯灯の2種類があります。
       道路照明灯は、道路管理者が設置および維持管理を行っています。県道8号線の道路管理者である千葉県に照会したところ、「信号のある交差点部分には交差点を明るくし、横断者や運転手の視認性をよくし、安全を確保するために道路照明灯を設置するが、直線部には道路照明灯は設置しないものである。」
      との回答がありました。このことから、県による道路照明灯の設置は難しいこととなります。
       次に、防犯灯の設置についてご説明します。
       国道や県道沿いは市の安全対策課が設置して維持管理を行っています。それ以外の市道や私道沿いは自治会などの防犯灯維持管理団体が設置および維持管理を行い、市ではこれらの防犯灯維持管理団体に対して設置費用や電気料、修繕費の補助を行っております。
       今回ご要望をいただいた県道8号線の店舗から「鎌ケ谷二中入口」交差点までの区間は、市で設置管理を行うものです。そのため、安全対策課職員が現地を確認したところ、防犯灯の設置の必要があると判断しました。今後、設置するための準備を進めてまいります。
  2. 「鎌ケ谷二中入口」交差点の信号機について
    •  信号機の設置及び管理は、交通管理者である警察が担当しています。
       「鎌ケ谷二中入口」交差点における時差式信号のご要望をいただきましたが、鎌ケ谷警察署に照会したところ、
      「鎌ケ谷二中入口交差点を含めて、主要地方道船橋・我孫子線(県道8号線)では交通集中時間帯において、市内各所で渋滞が発生しております。今回、頂きましたご意見につきましては、これら渋滞の緩和対策の参考とさせて頂きます。」
      との回答がありました。
  3. 「市政へのご意見」のファイル添付について
    •  「市政へのご意見」メールフォームでのファイル添付につきましては、不特定の送信元から受信するという性質上、情報セキュリティとして出来ない仕様としております。このことは、他の自治体や民間事業者の多くのメールフォームでも同様の考え方を採用していることと思います。
       特定箇所の図や写真のファイルをいただく場合は、大変お手数となってしまいますが、担当部署にメールや電話などでご一報いただき、その後に入手させていただければと思います。

【追記】
  •  東道野辺二丁目1番地先及び6番地先にLED防犯灯を2灯設置いたしました。

[担当:秘書広報課広報広聴室、安全対策課、道路河川整備課、道路河川管理課]



船橋市丸山一丁目の道路反射鏡について(平成27年11月4日回答)


⇒ご意見

 雨の日など、子供を送迎するため車で馬込沢駅に向かうのですが、店舗の所の十字路、見晴らしが悪い上に坂道で、駅方面から来ると、とても危険です。以前はカーブミラーがあったと思うのですが、また取り付けていただけないでしょうか?




⇒回答

 ご意見をいただいた交差点は、船橋市道と鎌ケ谷市内の私道が交差する形状となっており、ご要望のカーブミラーは船橋市道側に設置されており、鎌ケ谷市の管理物でないことから、船橋市に確認を行いました。
 その結果、ご指摘のとおり、昨年の7月まで民有地に設置されていた東京電力管理の電柱に船橋市管理のミラーが設置されていましたが、この電柱が移設の協議中であるため、移設に先んじて撤去を行なったとのことでした。
 船橋市にカーブミラーの再設置の予定について確認しましたが、この交差点は、私道側から船橋市道に進入する場合、ドット線まで徐行して出ることにより、見通しを確保することができるとの理由により、再設置の予定はないとのことでした。
 そこで、鎌ケ谷市において、新たな設置ができないか、船橋市道に設置する場合(A案)と私道内に設置する場合(B案)の二つの案で検討いたしました。
 船橋市道に設置する(A案)では、設置位置が店舗の間口付近になるため、支障が生じる店舗のご理解を得る必要があります。また、私道内に設置する(B案)では、私道であるため所有者の同意と、こちらも店舗の間口付近のため、支障が生じる店舗のご理解を得る必要があります。今後も設置のための条件の整理に努めてまいります。
 なお、これらの条件が整わない場合、設置できないことがあります。

[担当:道路河川管理課]



ごみの指定袋について(平成27年11月12日回答)


⇒ご意見

 東京都では既にゴミの回収袋が廃止になっています。
 焼却炉の温度が高温化したため、従来のゴミ回収袋ではなくても、有害ガスの発生が抑えられることになり、回収時の袋は何でも良いということになっています。
 鎌ケ谷市では、相変わらず専用のゴミ袋を購入させられていますが、これは焼却炉の問題なのでしょうか?
 東京都が専用袋を廃止して既に10年ほど経過していることを考えると、鎌ケ谷市の対応はかなり時代の流れに遅れをとっているように思えますが、今後の計画をお聞かせください。




⇒回答

 鎌ケ谷市のごみの収集・運搬・処分は、柏・白井・鎌ケ谷環境衛生組合により行われておりますので、組合の考え方も踏まえてお答えいたします。
 ご指摘のとおり、東京23区では推奨ごみ袋認定制度を廃止して、推奨袋の規格と同程度のごみ袋が使用できるとなっております。
 鎌ケ谷市においては、現在もごみの指定袋の使用をお願いしておりますが、これは市民の皆さまにごみの分別を徹底していただくため、昭和61年から導入したものです。導入から現在に至るまで、指定袋は分別の徹底に大きな役割を果たしてまいりましたが、資源循環社会を目指すためには、現在のところ、まだまだ正しい分別について市民の皆さまにお願いする必要があります。
 したがいまして、今後も当面の間は指定ごみ袋については継続していきたいと考えております。

[担当:クリーン推進課]



テニスコートの利用時間について(平成27年11月12日回答)


⇒ご意見

 いつも、福太郎テニスコートを使わせて頂きありがとうございます。
 福太郎テニスコートの使用時間についてお願いがあります。
 福太郎テニスコートはクレーの時から、5月〜9月までは午前5時から午後7時(2時間以内)、10月〜4月までは午前9時から午後5時(2時間以内)となっております。
 そこを、10月〜4月までは午前7時から午後5時(2時間以内)と午前7時〜開放出来ないでしょうか?
 近隣市のテニスコートでも、冬季7時〜開放しているテニスコートは数多くあります。ご検討よろしくお願いします。




⇒回答

 福太郎テニスコートの利用時間についてのご意見、さらに、近隣市では10月でも午前7時から利用開始となっている施設があるとの情報もいただき、ありがとうございます。
 福太郎テニスコートは市制記念公園内の施設であるため、公園の開園時間に合わせて、10月から4月までの期間の利用開始を午前9時としている経緯があります。
 10月から4月まで朝7時からの利用開始とするご提案をいただきましたが、現在、午前5時から利用開始としている5月から9月までの期間における、午前7時から9時までの利用実績(※)は、26年度が約28%、27年度が約38%となっています。
 上記の実績の中身においては、土・日・祝日や夏休み期間については、比較的利用が多いものの、平日は利用が少ない状況です。
 このような中、同様に10月から4月までの期間も、午前7時からの利用開始を考えると、土・日・祝日や、冬休み、春休みもありますが、寒い季節であるため、どの程度の利用者を見込めるのかは不透明な状況です。
 また、利用時間を早めることにより、現在運用している公共施設予約システムの改修が必要となり、その他にも、同じく公園内にある福太郎野球場や、市制記念公園自体も利用開始時間も早める必要があるのかどうか等の検討も必要になってくると考えられます。
 従って、利用開始時間を早めることは、テニスコート利用者のサービスの向上につながりますが、実施に伴う経費も発生することから、費用対効果等を慎重に検討する必要があります。
 福太郎テニスコートは25年度に改修工事を行ったことにより、大変多くの方に利用をいただいております。
 また、日本人テニス選手の世界的な活躍もあり、テニス人口も増加しているのではと感じておりますので、今後の利用実績等を踏まえながら、将来的な課題の一つとさせていただきたいと思います。
  • ※利用実績とは、5月から9月まで期間で、午前7時から9時までの間で、1時間を1コマとして、使用の有無により実績を算出したものです。

[担当:文化・スポーツ課]



市営キャンプ場の利用について(平成27年11月24日回答)


⇒ご意見

 市民キャンプ場・市の施設(調理室)等の利用方法についてなのですが、以前友人とキャンプ場・調理室を利用しようと思い申し込みに行ったのですが、利用は市民のみとなっており市外の住民の利用は行っていないと言われました。
 近所や家族のみの利用であれば、市内のみの人間で構成することも多いでしょうが、友人を集めての利用となれば、どうしても市外の人間が含まれることになってしまい、利用したくてもなかなか利用できない状態となっています。
 有料となってもよいので、市外の人間にも利用を広げて頂けたら、うれしいです。
調理室は特に利用も少なく、施設としてももったいなく感じます。




⇒回答

 本市の市営キャンプ場は、昭和61年に設置されたものであり、定員が約60名、テント設置可能台数10張、駐車場3〜5台と、近隣のキャンプ場と比べると収容人数に限りのあるコンパクトな施設です。さらに、無料で使える施設であるため、市民(在住、在勤、在学)のみが使える施設としています。
 今回のご意見をもとに、市営キャンプ場を管理している指定管理者に確認したところ、これまで何件か、市外の人も一緒にキャンプ場が利用できないのかという問い合わせがあったとのことでした。
 市営キャンプ場のようなコンパクトなキャンプ場においても、市外の方で利用したい人がいらっしゃるということが把握できた良いきっかけとなりました。ありがとうございました。
 市営キャンプ場の利用者実績は、平成24年度から26年度までの3年間の平均利用者数が約3,100人(24年度2,874人、25年度3,447人、26年度3,055人)で、月平均では約260人が利用されていることとなります。このうち、暖かい時期の週末や夏休みの期間は平日も含め混雑していますが、寒い時期は利用に余裕がある状況となっています。
 現在、市民の利用を最優先にしているところですが、施設の利用状況や要望の状況も踏まえながら、利用の活性化を図るためにも、市外の方の利用について検討する必要があると考えます。
 また、有料化に関しては、市内公共施設の使用料の状況等を踏まえて総合的に検討していく必要があると考えています。

[担当:文化・スポーツ課]



福太郎テニスコートの利用方法について(平成27年11月25日回答)


⇒ご意見

 福太郎テニスコート予約ですが以前も問い合わせしたのですが、改善されていないようですのですので再度登録します。
問題点
  • 福太郎テニスコートA/B面は予約時はソフトテニス優先  
  • しかし、実際に利用しているのは硬式テニスがほとんどである。
      また、毎回同じグループが利用しています。
○毎月1日〜15日が予約期間です
 このときA/Bコートはソフトテニスが条件で予約/申し込みが登録されています。その内容で16日に抽選となりますので、硬式テニスの利用者が当たることはありません。
 ではどうして、硬式テニスが利用できるかですが、
  1. 抽選に当たった人が、確定処理を行なわない。
    ※翌月1日から再予約が可能となります。
  2. 確定処理を行なったが2週間前までに料金を払わなかった。
    ※2週間前以降から窓口で申し込み可能
が考えられます。そのためには予約に当たった人間が毎回、申し込みをキャンセルすることが必要です。
 また、キャンセルしても、毎回同じグループが利用することは、難しいと思われます。また、毎回キャンセルする人間も問題です。
 あと、これは考えたくないのですが、毎月1日〜15日が予約期間にソフトテニスと偽って硬式テニスの利用者が申し込みをする。
 今の予約システムでは、申し込み時にソフト/硬式の利用状況の記述がありません。以前のシステムはありました。
 不正を防止するためにも、現状の予約が問題なく行なわれているのかの調査と予約システムに申し込み時にソフト/硬式の利用状況の記述の追加をお願いしたいです。




⇒回答

 福太郎テニスコートの予約につきましては、現在、抽選予約申込時のみ、同施設のA/Bコートについて、「ソフトテニスの方を優先」との表示を設けて受付を行っています。
 しかし、テニスを行う人には、「ソフト」と「硬式」の両方を行う人もいらっしゃいます。予約システムのID発行時においても「ソフト」・「硬式」・「両方」等の利用目的について、実技確認までは行わず、本人の申請を基本としており、IDは利用目的を問わず一人に一つしか発行していません。
 そのため、予約システム上でも「ソフト」と「硬式」を振り分けることは出来ないことから、現在の抽選予約の「ソフトテニスの方を優先」は、利用希望者の皆様に、ご理解ご協力のもとで運営している状況となっています。
 今回、ソフトテニス優先コートを、ほとんど硬式利用者が使い、同じグループが利用しているとのご意見をいただきましたが、ご指摘のとおり、抽選予約の段階から、硬式利用者がソフトテニス優先コートに申し込み、使われている状況が見受けられます。
 市としても、ソフトテニス優先コートに硬式利用者が申し込まれている状況は、ルール違反と考えていますので、テニスコートを管理する指定管理者とも協力し、利用者の皆様にご理解ご協力をいただけるよう、さらに周知を図っていきます。
 なお、今後も意図的、組織的なルール違反が続いていると思われる場合は、厳正な対応も必要になってくると考えています。
 また、システム上の表示の追加につきましては、システム管理業者による簡易な作業で追加が可能であれば早急に対応してまいりますが、多くの経費や時間が必要となる場合には、今しばらくお待ちいただくことになろうかと思います。

[担当:文化・スポーツ課]



公園(貝柄山公園)の禁止事項の掲示ほかについて(平成27年12月3日回答)


⇒ご意見

 中学生くらいの子供の二人ずれが貝殻山公園の池で釣りをしているを時々みかけます。
 注意してもなかなか止めません。ルアーが近くの人に引っ掛かると大変危険です。
 欄干の手前に禁止の立て札はありますが、消されてしまい殆ど読めません。大きな文字で釣り禁止の立て札を設置して下さい。
 もうひとつ。池の浄化装置は故障して作動していません。修理の予定はないのですか?




⇒回答

 ご指摘をいただいた釣りの禁止看板につきましては、見やすい位置に新しい看板を設置します。また、職員による巡回により、釣りなどの禁止行為を見かけた場合には注意を行い、公園利用のマナーの向上に努めます。
 次に、池の浄化装置につきましては、池の水を汲みあげる取水口が破損したことにより、このまま稼働させ続けますと装置本体に悪影響を与え、完全に故障してしまう可能性が高いことから、稼働を停止させている状況となっております。現在、早期の再稼働に向けて工事発注の手続きを進めております。

【追記】
釣り禁止看板につきましては、平成27年12月に設置しました。
池の浄化装置の再稼働に向けた工事は、発注済となっています。

[担当:公園緑地課]



子どものまちづくりへの参画について(平成27年12月15日回答)

地域振興・行政運営関係行政運営について
教育・文化関係教育について
【都市基盤・生活環境関係→公園・緑地について】

⇒ご意見

 こどもの参画について2つ質問です。1つ目は市内のこども達が鎌ケ谷市のまちづくりに興味を持ってもらえるような企画があるのでしょうか?2つ目はこどもの市政に対する意見を取り入れ得る方法は何かありますか?
 こどもというのは小学生〜大学生までです。鎌ケ谷市のホームページを見る限り見当たらなかったので質問させて頂きました。





⇒回答

 子どものまちづくりへの参画及び市政に対する意見を取り入れる方法についてお答えいたします。
 市教育委員会では、市内各小・中学校の児童生徒が、鎌ケ谷市に誇りを持ち、より良いまちづくりを将来にわたって進めようとする態度を育てること、市議会や行政の仕組みを理解すること、児童会・生徒会活動への関心を高めることをおもな目的として、子ども議会を開催しています。子ども議会では、小・中学生の市政に対しての意見や提案を、各学校から選ばれた議員が、実際の議会同様に、市長をはじめとする市職員に質問し、その質問に対する回答を受けております。
 過去の例をみると、この子ども議会での質疑がきっかけとなり、市政に生かされた例もあります。
 今年度は平成28年2月2日(火)市議会議場にて、小学生議員9名が市政を問います。
 また、市では、市民へ市政の情報提供を行うとともに、直接対話方式により今後の市政に対してのご意見やご提案をいただく機会を設けるため、毎年2月頃に「まちづくりフォーラム」を開催しております。
 このフォーラムでは、喫緊の市の課題などをテーマに掲げ、見識の深い方を招き、基調講演を行っております。そして、市が市民や市内事業者とともに、協働により課題を解決するために、それぞれがどのような役割をすべきかなど皆で話し合うグループディスカッションを実施しております。
 参加者は、広報かまがや等で市民に広く募集し、市内の高校や近隣の大学の学生、自治会や市内事業者まで、幅広く参加していただいております。
 なお、今年度は、広報かまがや12月15日号(P4)でお知らせしております。
 http://www.city.kamagaya.chiba.jp/kouhou/20151215.pdf
 このように、子どものまちづくりへの参画及び市政に対する意見を取り入れる機会を設けておりますが、今回ご意見をいただいた「市政へのご意見」や各公共施設に配置している「市長への手紙」でも随時受け付けておりますので、ご利用ください。

[担当:企画財政課企画政策室、学校教育課指導室]



南部小学校の通学路について(平成27年12月22日回答)


⇒ご意見

 来年に子供が南部小学校へ入学します。
 中沢新町に住んでいますが、家から南部小学校までの通学路が危険すぎて心配です。見通しが悪いカーブが多い大通りで車も多いのに歩道が狭くガードレールだけです。車が小学生の列に突っ込んでくる事件も多い中、親としては非常に心配しております。事件が起きてからでは遅いのです!市としてはどう思いますか?
 少しでも安心して通える通学路にして頂きたいです。通学路が心配で中部小学校への学校選択もしようかと悩みました。南部小学校は生徒数が少なく寂しいです。中沢新町に住んでいる方では通学路が心配で中部小学校へ学校選択された方もいます。
 中沢新町の方面からの南部小学校まで安心して通える通学路になるようご検討をよろしくお願いします。




⇒回答

 ご意見をいただいた通学路(店舗から南部小学校入口までの区間)は、市道24号線といいます。この市道24号線は、交通量も多く一部見通しの悪いカーブ区間もあり、対策が必要な通学路であると認識しております。
 これまでの安全対策として、平成18年・19年にガードレールを設置し、通行車両への児童に対する注意喚起の路面標示や看板を設置しております。また、歩道の幅員を確保するため、地権者の協力を得て定期的に除草も行っております。
 さらに、路面標示や看板の増設について、鎌ケ谷警察署とも話し合いの上、検討してまいります。
 今後も道路管理担当および教育委員会が連携し、児童の安全確保を図ってまいります。

[担当:道路河川管理課、学校教育課学務保健室]



「公園(貝柄山公園)の池の浄化装置について」(平成28年2月5日回答)


⇒ご意見

 池のモーターカバー。数年前から馬の像に近い方のカバーが直ぐ脇に落ちていてモーターがむき出しです。
 桜の季節が近くなるとどうもこれが気になります。水面に映える桜の写真を撮っている方もカバーが無くモーターがむき出しなので撮ってもせっかくの景観が台無しとの声を耳にします。桜の咲く前にあのカバーを元の位置に戻し針金で簡単に留める事は出来ないでしょうか?
 費用もわずかで済むと思うのですがいかがでしょうか?直れば写真を撮る市民の方も喜ばれると思います。
 釣り禁止の看板の修理と新たな立て札は対応してくださり感謝です。これでもし不心得者がいても一市民としてきちんと注意が出来ます。





⇒回答

 池の浄化装置のカバーが池に落ちてしまっていることで、景観を損なう状況を作ってしまい、大変申し訳ありませんでした。カバーにつきましては、池から拾い上げ、破損等の確認及び清掃を行った後に再設置いたしました。
 日頃から当公園をご利用いただき、また利用者としての貴重なご意見もいただき、誠にありがとうございます。今後もお気づきの点や気になる点などがございましたらご意見をいただければ幸いです。
 なお、手紙で伝わりにくい内容や、緊急を要する場合、公園管理についてご意見いただく場合などには、以下に記しました、担当課である公園緑地課に直接ご連絡をいただければと思います。
 今後も景観、マナー指導、施設等の公園管理に取り組んでまいります。

  • ○公園管理に関するご連絡先
    公園緑地課 公園維持係(電話)047−445−1489

[担当:公園緑地課]



「県道59号の歩道整備について」(平成28年2月19日回答)


⇒ご意見

 木下街道の歩道ですが、狭すぎて車道に出ないとすれ違いできない箇所や、排水溝の蓋でベビーカーが押しにくく、避けると斜めで車道に出てしまう箇所があります。道幅を広げることは難しいと思いますが、舗装は綺麗にしてもらえませんか?
 馬込十字路付近は、船橋市なので綺麗に舗装されて歩きやすくなりました。是非、鎌ケ谷市の区間も整備をお願いします。



⇒回答

  ご意見をいただいた木下街道(主要地方道市川・印西線)は、千葉県が道路の維持管理をしております。
 道路管理者である千葉県に照会したところ、
「主要地方道市川・印西線は、歩道が全体的に狭く、拡幅整備の必要性はあると認識しているところですが、用地確保が必要であり、早急の対策は難しい状況です。しかしながら、現状における側溝蓋のガタツキ、破損等について、道路パトロール等を行い確認次第、維持補修に努めます。」
との回答がありました。
 なお、馬込十字路につきましては、主要地方道船橋・我孫子線の船橋市北消防署方面からの右折車による交通渋滞の解消を図るため、千葉県で交差点改良を実施したところですが、鎌ケ谷市部分は既に完了しております。この交差点改良では、歩行者の安全を確保するため、右折車線と交差点部の歩道を一体的に整備しています。
 木下街道(主要地方道市川・印西線)において、早期に道路を拡幅することは難しい状況ですが、市といたしましても、側溝の蓋のガタツキや、勾配の緩和、破損等について確認した場合は、千葉県に対して補修を依頼し、安全対策を行ってまいります。

[担当:道路河川整備課]



「児童遊園(南初富五丁目児童遊園)の犬の飼い主のマナーほかについて」
(平成28年2月22日回答)


⇒ご意見

 南初富五丁目児童遊園をよく子供と利用しています。
  1.  以前から思っていましたが、犬の飼い主のマナーが非常に悪い気がします。
    犬の糞の放置や、犬を公園内に連れ込み、人間が座るベンチに座らせたり、小便をさせたりするところも見かけます。安心して子供を遊ばせることができません。
     以前は、犬連れ込み禁止のような、簡易な看板があった気がしますが・・・。できれば定期的な巡回、せめて犬のマナーに関する丈夫な看板を設置してもらえないでしょうか。
     「ボールで遊ばない」「大声を出さない」等の子供に対する注意書ばかり書いてあって、犬に関するルールの記載がないのは疑問に思います。
     ちなみに鎌ケ谷小学校から南初富五丁目児童遊園までの一本道も、いたるところ犬の糞とおしっこだらけで、通る度に不快になります。小学生の行き来も多い道なので、どうにかならないかと思います。
  2.  南初富五丁目児童遊園の土の水はけが悪く、霜がはる冬場は、晴れた日の夕方でも泥でぐちゃぐちゃしています。そのため、ブランコや滑り台など泥だらけなこともあり、使うのをためらってしまいます。
     雨が多くふると、グラウンドが池になり、しばらく使えません。そして夏場は、雑草が繁ります。
     市制記念公園の隣にある公園のようなさらさらの地面に、土壌改良することはできないでしょうか。



⇒回答

 犬や猫の飼い主のマナーにつきましては、道路上・公園内に限らず、多くのご意見が寄せられております。
 市では、広報紙や市ホームページにより、マナー向上を啓発しておりますが、今後も注意喚起看板の増設や飼い方教室の開催など、マナー向上の取り組みを強化していきたいと考えております。
 メールをいただいた後、南初富五丁目児童遊園を管理している、こども支援課職員がすぐに状況を確認するとともに、児童遊園内に犬の飼い主のマナーに関する看板を設置いたしました。
 南初富五丁目児童遊園は、地権者のご厚意により用地を確保しており、返還を求められた場合は、原状復帰する必要がある用地となっております。
 ご指摘のとおり土壌改良していないことから、雨天などの影響により使いにくい状況にあります。一方で、南初富五丁目児童遊園は、一時的に雨水の放流を抑える役割を担っていますので、土壌改良をすることにより、近隣住居に雨水が流出することが懸念されます。
 現時点において、これらの状況を総合的に判断し、南初富五丁目児童遊園の土壌改良につきましては、他に排水施設を整備されるまでの間、実施することを見合わせております。
 今後も子どもたちにとって快適な居場所になるよう、努めるとともに、土壌改良につきましては、長期的に検討してまいります。

[担当:環境課、こども支援課]



「蚊が媒介する感染症の対策について」(平成28年2月29日回答)


⇒ご意見

 ヒトスジシマカなどを媒介する感染症(ジカ熱等)対策について
 過去にも「デング熱」などの蚊を媒介する感染症が流行ったことがありますが、鎌ケ谷市として対策は特になかったかと認識しております。
 貝柄山公園などは、夏場に限らずヒトスジシマカなどのヤブカ屬の蚊が繁殖しており、油断しているとすぐに刺されます。
 小さいお子さんを連れた妊婦さんをよく見かけることから、蚊の駆除や発生源となるたまり水などについて、十分な環境衛生対策を要望します。(また、墓地などの花瓶の水も発生源になるかと思います。)



⇒回答

 ヒトスジシマカが媒介するデング熱ウィルス感染は、平成26年に流行しましたが、幸い本市では、デング熱感染者は確認されませんでした。
 今年に入ってからは、デング熱と同様に蚊媒介感染症の1つである、ジカウイルス感染症がブラジルをはじめとする中南米地域を中心に多数報告されているところです。
 市の対策といたしましては、市民の皆様に蚊が媒介する感染症について正しく理解していただくことが大切であると考えております。蚊は水の溜まりやすいところで発生しますので、空き缶、古タイヤ、空きビンなどに溜まった水を無くすなどの対策を心掛けていただくよう、自治会を通じての啓発活動や市ホームページにて情報提供や注意喚起をしております。
 万が一、感染症が確認されますと、厚生労働省の「蚊媒介感染症に関する特定感染症予防指針」に基づき対策を講じることとなります。推定感染地が市内の公園等の公共施設に特定された場合に限り、都道府県がその施設の利用者の状況を踏まえ、感染拡大の可能性についての評価を行い、その評価の結果に応じて、有効かつ適切な媒介蚊の駆除を行うこととなります。ジカ熱につきましても、その指針に基づき対策を講じることとなります。
 貝柄山公園などでの蚊の発生を抑制するための対策につきましては、蚊の幼虫は比較的小さな水の溜まりやすい場所に発生するとされているため、巡回時に発見した空き缶等のごみを片付け、排水桝を清掃することにより、発生源を無くすような管理に取り組みます。
 また、成虫への対策として、下草刈りを行うことにより、風通しをよくし、日光が当たるようにする対策を行い、潜む場所を無くすように取り組んでまいりたいと考えております。

[担当:環境課、公園緑地課]



「外国人等の観光振興及び国道464号の自転車関連施設の整備について」
(平成28年3月9日回答)


⇒ご意見

 将来に向けた街づくりについて、地元が少しでも活性化するよう、現実性はあまり考慮しておりませんが一つの考え方として意見させて頂きます。
 成田スカイアクセス線をはじめ成田空港への中継地としての地理的優位性を活かした街づくりの必要性を感じます。一つは、外国人を含む観光客(ビジネス客)が「時間調整」「隙間時間」にちょっと立ち寄ろうと(海外へ行く前、帰る時等)思える街づくり。もともと北総地域は観光スポットが少ないため、既存の地場産業に加え、新たな魅力を創造する必要があるかと思います。外国人観光客の流入を意識した場合、アートや芸術が融合する街をコンセプトとすることも一つの方策かと考えます。現代アートを街に点在させ、ミュージアム(美術等)、デザイン建築が多数存在するなど、アートが生活に密着している外国人の趣向に対してもある程度合致させることが可能と考えます。アートそのものも、無名の若手デザイナーを活用し、デザイン費を抑制するとともに、アーティストを育成する街として機会を提供する。四国の直島は有名デザイナーを活用しておりますが、世界的なアピールへと繋がっております。
 二つ目は、隣接地域と連携して464号線を自転車の街道としてのメッカ(スタート地点)とする。464号線沿いには関連施設(駐車場、整備場、食事処、着替え&風呂等)を誘致し、街としての宣伝効果も高く他県からの流入も見込めると思われます。



⇒回答

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、今後、外国人観光客の一層の増加が予想されます。本市は、成田空港及び東京の中間地にあり、ご意見にありますように、「隙間の時間」で来訪していただける可能性を秘めていると考えます。
 現在、本市のどのような観光資源が、外国人の方に魅力的であるのか調査すべく、アジアを中心とした留学生を対象として、モニターツアーを実施しているところであり、今後は、ツアーの調査結果を踏まえたインバウンド向け観光施策を展開してまいります。
 ご提案いただいたアートによる外国人観光客の誘致につきましては、提案内容を市の関係部署に回覧いたしました。
 また、国道464号の自転車の街道につきましても、提案内容を道路管理者である千葉県に情報提供いたしました。
 今回いただいたご提案は、今後の行政運営の参考とさせていただきます。

[担当:商工振興課、道路河川整備課]



「職員の私語について」(平成28年3月7日回答)


⇒ご意見

 わーくプラザ鎌ケ谷に行きました。資料を見ていると、隣のスペースで、若い職員が大きな声で雑談をしており不愉快でした。私がくる以前よりその二人はそこにいたようです。しかしそばにほかの職員がいるのに注意もしません。市職員はそんなに暇なのでしょうか?少なくとも私がいる20分はおしゃべりしていました。10時になったので相談員の方にはその旨を伝えましたがその折、おしゃべりの当事者である通路側に机のある若い職員が私の顔を見て笑い顔をしたのには寒気がしました。



⇒回答

 このたびは、わーくプラザ鎌ケ谷に隣接するミーティングスペースにおける職員同士の会話により、ご不快な思いをさせてしまったことについて、深くお詫び申し上げます。
 いただいたご意見を真摯に受け止め、職員一同再発防止に取り組んでまいります。

[担当:商工振興課]



「職員の対応について」(平成28年3月10日回答)


⇒ご意見

 昨日午前中に確定申告したところ、午後、申告書の誤りに気付き、申告書の差し替えをお願いしたところ、課税課の職員が対応してくださり、本日無事に再提出できました。時間外までかかる事務作業でしたが、松戸税務署とも連絡をとり終了することができました。
 若い職員に感謝の意を伝えて頂ければと思いメールいたしました。
 今後も職員の情熱を生かし、「住んで良かった街」に向けて邁進して頂ければと思います。ありがとうございました。



⇒回答

 職員の今後の業務において、とても励みとなりますので、このようなご意見をいただいたことに感謝いたします。
 また、引き続き市民の皆様の気持ちに立った応対を心がけてまいりますので、今後ともお気づきの点などございましたら、ご意見をいただきますようお願いいたします。

[担当:課税課]



「図書館の図書の返却について」(平成28年3月22日回答)


⇒ご意見

 図書館で借りた本の返却方法について要望
 図書館を家族でよく利用している市内在住のものです。
楽しい企画など工夫されていて、いつも気持ちよく利用させていただいています。スタッフの方々も親切にしてくださり、ありがとうございます。
 要望があります。図書館本館の時間外返却ボックスについてです。
 出勤の際に、図書館でお借りした本を、開館前の図書館本館に返却することが時々あります。開館前の図書館本館の門は閉められ、脇の駐車場にはロープがしっかり張られていて、時間外返却用のボックスに近づくことが阻まれています。
 はじめはどのように返却ボックスに行けばよいのかわからず、門をよじ登って敷地内に入ったりしていました。今は駐車場のロープをまたいで入っています。
 時間外に本を返却するのは、期日を守ろう、予約の多い本をなるべく早く返却しようという意志からですので、ご配慮いただきますようご検討いただけませんでしょうか。
 新鎌ケ谷駅に返却ボックスを設置していただくなどもご検討いただけると幸いです。



⇒回答

 鎌ケ谷市立図書館をご利用いただきありがとうございます。
 ご要望をいただいた図書館本館の返却ボックスの場所の案内につきましては、より分かりやすくなるように検討してまいります。
 図書館本館以外での返却につきましては、各分館では開館時間中に窓口で受け付けているほか、分館の開館時間外でもその施設の開館時間内は、返却ポストでの返却が可能です。
 また、業務委託を行っている「すばる書店」の鎌ケ谷店、六高台店でも開店時間中に返却の受付を行っていますので、ご利用いただければと思います。
 なお、駅での返却ポスト設置につきましては、不特定多数の方々が利用される場所であり、図書以外の物の投函や事件・事故に繋がる危険性の高い物が投入される恐れがあります。したがいまして、現在のところ駅に返却ポストを設置することは考えておりません。

[担当:生涯学習推進課 図書館]



「運動会・体育祭における組体操の実施について」(平成28年3月25日回答)


⇒ご意見

 組体操について
 先ほど、行わないとのニュースを見ました。
 小学生の息子が居ますが、組体操はとても楽しみな種目でした。入学してから大きく逞しく成長した我が子を見るのが楽しみでした。
 危ないから止めるのは、いくら何でも極端すぎだと思います。
 ピラミッドの段数を低くするなどの対応は出来ないものなのでしょうか?



⇒回答

 昨今、日本全国において組体操による児童生徒の事故が問題になっています。
 教育委員会では、平成27年度4月から組体操の実施について、各小中学校に対し注意喚起するとともに、実施の有無も含め、ピラミッドやタワーの段数制限など組体操の実施方法について、校長会を中心に話し合いを繰り返してまいりました。
 組体操は、互いを支え合うことで思いやりの気持ちを育んだり、協力して取り組むことで達成感を得られたりします。また、下級生が上級生の姿に憧れを持つなどの教育的効果もあります。
 しかしながら、近隣市町村でも児童生徒の重篤な事故が発生し、大きな問題となっている現状があります。市内においては、平成27年度は重篤なものではありませんが、怪我をしたという事案が数件確認されております。
 校長会にて、検討を繰り返し、総合的に判断したところ、児童生徒の安全を第一に考え、平成28年度から組体操については実施しないという結論に達し、教育委員会に報告がありました。教育委員会としても、校長会の考えを適切なものであると判断し、組体操を行わないこととしました。

[担当:学校教育課 指導室]