教育・文化関係一覧へ戻る
 
■ 教育・文化関係
◆生涯学習について
 

図書館の図書の返却について(平成28年3月22日回答)


⇒ご意見

 図書館で借りた本の返却方法について要望
 図書館を家族でよく利用している市内在住のものです。
楽しい企画など工夫されていて、いつも気持ちよく利用させていただいています。スタッフの方々も親切にしてくださり、ありがとうございます。
 要望があります。図書館本館の時間外返却ボックスについてです。
 出勤の際に、図書館でお借りした本を、開館前の図書館本館に返却することが時々あります。開館前の図書館本館の門は閉められ、脇の駐車場にはロープがしっかり張られていて、時間外返却用のボックスに近づくことが阻まれています。
 はじめはどのように返却ボックスに行けばよいのかわからず、門をよじ登って敷地内に入ったりしていました。今は駐車場のロープをまたいで入っています。
 時間外に本を返却するのは、期日を守ろう、予約の多い本をなるべく早く返却しようという意志からですので、ご配慮いただきますようご検討いただけませんでしょうか。
 新鎌ケ谷駅に返却ボックスを設置していただくなどもご検討いただけると幸いです。




⇒回答

 鎌ケ谷市立図書館をご利用いただきありがとうございます。
 ご要望をいただいた図書館本館の返却ボックスの場所の案内につきましては、より分かりやすくなるように検討してまいります。
 図書館本館以外での返却につきましては、各分館では開館時間中に窓口で受け付けているほか、分館の開館時間外でもその施設の開館時間内は、返却ポストでの返却が可能です。
 また、業務委託を行っている「すばる書店」の鎌ケ谷店、六高台店でも開店時間中に返却の受付を行っていますので、ご利用いただければと思います。
 なお、駅での返却ポスト設置につきましては、不特定多数の方々が利用される場所であり、図書以外の物の投函や事件・事故に繋がる危険性の高い物が投入される恐れがあります。したがいまして、現在のところ駅に返却ポストを設置することは考えておりません。

[担当:生涯学習推進課 図書館]



 

国道464号(北初富駅付近)の道路整備、街灯の設置、図書館の手続きについて
(平成27年5月15日回答)


⇒ご意見
 北初富駅周辺の道路整備を望みます。道がとにかく悪いです。
 初富交差点からくぬぎ山交差点を自転車でも歩きでもよく使います。
 歩きでも自転車でも、なぜ側溝を車道に設けないのか。車道に側溝がないせいで、車道の水はけが悪すぎる。結果、水溜まりを走った車に水をかけられます。歩道はもっと滑らかに作れないのか。歩道に側溝があるせいで、自転車で走っている時に凸凹しすぎていて、タイヤが取られそうになる。危ない。それを避けて車道を走ろうとしても、車道が狭すぎる。自転車はどこを走れというのだ。
 ほかに、もっと多くの街灯設置を求めます。
 また、図書館のサービスで、貸出の延長もネット上でもできるようになることを望みます。




⇒回答

●国道464号の整備について
 初富交差点からくぬぎ山交差点までの状況につきましては、市としても認識しております。国道464号は千葉県が道路の管理をしており、いただいたご意見の概要を道路管理者の千葉県に伝えたところ、

 「ご意見をいただきました、初富交差点からくぬぎ山交差点についてお答えいたします。
 当該区間においては、一部の車道の舗装修繕及び、歩道の側溝と車道から歩道の側溝に排水している水抜き管の清掃を行い、現況の排水の改善を図ります。
 また、側溝の蓋については、点検を行い、段差のひどい箇所は補修等で段差が少なくなるように対応したいと考えております。
 また、街灯のご要望につきまして、県が設置する道路照明灯については、初富交差点からくぬぎ山交差点までの区間で、計13箇所に設置されています。県では道路照明灯の増設の予定はありません。」

 との回答がありました。
 道路沿いに設置されている照明には道路照明灯と防犯灯の2種類があります。
 道路照明灯は、夜間良好な視覚環境の中で安全で円滑な道路交通を確保し、交通事故を未然に防止するための照明施設として、市内幹線道路の交差点や見通しの悪い道路及び信号機が設置されていない横断歩道等に道路管理者が設置・管理を行っております。
 防犯灯は、現在、国道や県道沿いは市が設置し維持管理を行っており、それ以外の市道や私道沿いは自治会などの防犯灯管理団体が設置及び維持管理を行い、市ではこれらの防犯灯維持管理団体に対して設置費用や電気料、修繕費の補助を行っております。
 今回ご要望のありました国道464号には、概ね30m前後の間隔で市が防犯灯を設置しておりますが、さらなる設置につきましては、現地を確認し周辺の状況を勘案しながら検討していきたいと考えております。
 今後とも、国道を含め道路の状況を改善するため、千葉県とも連携を密にして取り組んでまいります。

●図書の貸出期間の延長手続きについて
 図書の貸出期間は、2週間を前提としております。延長は、2週間で読み切れなかった場合の特別なルールであることをご了承ください。
 また、窓口および電話での延長手続きは、返却予定日の3日前からという優先枠があります。
 現在の図書館システムは、平成25年1月にリニューアルを実施しました。今後、延長手続きをネット上で行うことが可能かどうかの検討を行ってまいります。

[担当:安全対策課、道路河川整備課、道路河川管理課、生涯学習推進課図書館]

 

東部学習センターの利用時間ほかについて(平成27年4月10日回答)


⇒ご意見
 東部学習センターの音楽スタジオを良く利用させて頂いております。
 夜の22時まで予約を取る事が多いのですが、21時45分くらいには館内放送が鳴り、22時までには会館の外に出る様に事務の方に追い出される(印象)ため、実際の利用時間は21時30分くらいまでになります。
 22時まで予約している利用者としては、22時までに音楽スタジオを退出する様に利用させて頂きたいです。
 仮に22時までに退館を求める様であれば21時半くらいまでの予約にするべき(もちろん料金も)かと思います。
 退館時間を優先するか、スタジオの退出時間を優先するかでご判断頂き、対応の改善をお願い出来ますでしょうか。
 また音楽スタジオの機材の劣化が激しいのでこちらも変更を要望致します。
 壊れているもの⇒マイクシールド(断線)
 使用はできるが状態が酷いもの⇒スネアドラム・シンバル
 宜しくお願い致します。




⇒回答

 いつも東部学習センターをご利用いただきありがとうございます。
 東部学習センターでは、できるだけ多くの市民にご利用いただけるように、開館時間を午前9時から午後10時までとしております。
 したがいまして、ご指摘のとおり午後10時までご利用いただけますので、改めて徹底してまいります。しかしながら、閉館の準備もございますので、できるだけ直前に閉館のアナウンスを入れさせていただきます。
 また、音楽スタジオに備えている楽器などの更新につきましては、ご要望の内容と劣化の状況を踏まえ、検討してまいります。
 今後もご利用をお待ちしております。

[担当:生涯学習推進課東部学習センター]

 

公民館の施設予約について(平成26年10月23日回答)


⇒ご意見
 現在、「公民館の利用予約は一週間前までに」と定められているようで、仮に部屋が空いていても、利用日まで一週間未満の場合は、予約することができないと、かねてより予約を断られています(東初富公民館)。これには何か理由があるのでしょうか。
 開館日に空き部屋があるのに、直前だから貸し出さないというルールは、民間営業の場合はあり得ないことであり、税金の使い方として疑問に感じます。民間との違いを考えてみました。公民館の場合は、公の施設であるがゆえに「不法団体に貸す訳にはいかない」という理由が考えられ、予約した団体を審査するために一週間の余裕が必要ということなのかもしれません。
 しかしながら、もしそうだとしても、利用団体名簿を作り、新規以外の、過去に利用した経験のある、審査済みの団体は直前予約も可能とした方が、空き部屋の有効利用となり、市民も助かるし、市の財政的にも有利かと思います。
 貸さない理由が、その他に何かあるのでしょうか。




⇒回答

 市内の各公民館は、組織的に行われる市民相互の学習交流や活動を支援し、生涯学習のまちづくりに寄与するため設置された社会教育施設です。社会教育法により、営利を目的にしたもの、特定の政党や宗教を支持するために公民館を利用することを制限しています。
 したがいまして、利用にあたりましては、まず、団体名・活動内容などを登録していただき、施設使用申請書を使用日の7日前までに提出していただくこととしております。
 また、夜間は施設管理を業務委託しており、7日前までに利用申請がない場合は施設を閉館とし、コストの削減に努めています。
 しかしながら、利用者の利便性の向上や施設の有効利用を図るため、団体登録に要する期間の短縮や事前に登録されている団体の事前申請の期間の短縮については見直す必要があると思われますので、今後早急に検討してまいります。

[担当:生涯学習推進課]

 

公民館の利用について(平成26年5月8日回答)


⇒ご意見

 公民館の利用の件です。当日の使用受付できないとの事ですが、部屋が空いているのに貸せないのはおかしいと思います。財政源にもなると思いますし、急に利用したい市民も沢山います。ご検討お願いいたします。




⇒回答

 各公民館は、組織的に行われる市民相互の学習交流や活動を支援し、生涯学習のまちづくりに寄与するため設置された社会教育施設で、社会教育法により営利を目的にしたもの、特定の政党や宗教を支持するために公民館を利用することなどを制限しています。
 他市町村の施設を含め、全ての公民館は、このルールに基づき運営されております。
 したがいまして、利用にあたりましては、まず、団体名、活動内容などを登録していただき、施設使用申請書を使用日の7日前までに提出していただくこととしております。
 なお、この事前申請につきましては、今後、すでに登録されている団体の利用に限っては、施設利用の申請期間の短縮を検討してまいります。


[担当課:生涯学習推進課]