県内9市が「子ども被災者支援法に係る緊急要望書」を復興庁へ提出

緑とふれあいのあるふるさと鎌ケ谷

鎌ケ谷市役所  > 放射線関連情報 > 【市の方針・取り組み】国・県への要望
 > 【市の方針・取り組み】県内9市が「子ども被災者支援法に係る緊急要望書」を復興庁へ提出

■ 県内9市が「子ども被災者支援法に係る緊急要望書」を復興庁へ提出

県内9市長連名で、根本復興大臣に対し、「東京電力原子力事故により被災した子どもをはじめとする住民等の生活を守り支えるための被災者の生活支援等に関する施策の推進に関する法律」に係る緊急要望書を提出しました。

要望書     緊急要望書(PDF:398KB)
要望提出日   平成25年2月26日(火)午後1時
要望場所    復興庁法制班(東京都港区赤坂1−9−13 三会堂ビル6階)
対応者     復興庁法制班 事務方
出席者     鎌ケ谷市、松戸市、野田市、佐倉市、柏市、流山市、我孫子市、印西市、白井市の
        放射能関係部署 事務方

■ 問い合わせ先

鎌ケ谷市役所(代表)047−445−1141
放射線対策室

このページのTOPへ