県内9市で国に対し要望書を提出しました

緑とふれあいのあるふるさと鎌ケ谷

鎌ケ谷市役所  > 放射線関連情報 > 【市の方針・取り組み】国・県への要望
 > 【市の方針・取り組み】県内9市で国に対し要望書を提出しました

■ 県内9市で国に対し要望書を提出しました

放射性物質汚染対処特別特措法に基づく汚染状況重点調査地域の指定を受けた、千葉県内9市(松戸・野田・佐倉・柏・流山・我孫子・鎌ケ谷・印西・白井)は、別添のとおり国に対し「放射性物質汚染対処特別措置法に基づく市町村等の除染実施に対する国費による措置に関する緊急要望」を環境大臣に提出しました。

1.要望書
放射性物質汚染対処特別措置法に基づく市町村等の除染実施に対する国費による措置に関する緊急要望
要望書(PDF:308KB)

2.要望書提出日 平成24年2月17日(金)

3.要望書提出先 環境大臣 細野豪志

4.国への訪問者
  松戸市長・本郷屋 健次
  野田市長・根本 崇(代理:副市長 齊藤 隆昌)
  佐倉市長・蕨 和雄
  柏市長・秋山 浩保
  流山市長・井崎 義治
  我孫子市長・星野 順一郎
  鎌ケ谷市長・清水 聖士
  印西市長・山ア 山洋
  白井市長・伊澤 史夫(代理:副市長 宇井 隆浩)

■ 問い合わせ先

鎌ケ谷市役所(代表)047−445−1141
放射線対策室

このページのTOPへ