東葛6市で国に対し福島第一原発の事故に伴う対応について要望書を提出

緑とふれあいのあるふるさと鎌ケ谷

鎌ケ谷市役所  > 放射線関連情報 > 【市の方針・取り組み】国・県への要望
 > 【市の方針・取り組み】東葛6市で国に対し福島第一原発の事故に伴う対応について要望書を提出

■ 東葛6市で国に対し福島第一原発の事故に伴う対応について要望書を提出

東葛6市(松戸、野田、柏、流山、我孫子、鎌ケ谷)では、内閣総理大臣、文部科学大臣、厚生労働大臣に対し、「福島県以外の学校・幼稚園・保育園等における放射線量の安全基準値を早急に策定し公表すること、安全基準値を超えた場合の対応策を示すとともに、その対策を要した費用については、国が全額負担すること。」について要望書を提出しました。

要望書
福島県以外の学校・幼稚園・保育園等における放射線量の安全基準値の早期設定を求める緊急要望(PDF:92KB)

■ 問い合わせ先

鎌ケ谷市役所(代表)047−445−1141
放射線対策室

このページのTOPへ